トルクセンサー市場、2021年から2026年にかけて約7%のCAGRで成長見込み

市場の概要

トルクセンサーの世界市場は、2021年から2026年にかけて約7%のCAGRで成長すると予想されています。トルクセンサー(トルク変換器)とは、回転力や直線力を検出、監視、記録、調整するための電子機器を指します。機械的な入力を電気信号に変換するもので、電気モーター、ローター、ギアボックス、クラフトシフト、クランクシャフト、エンジンなどの回転機器に使用され、システム全体の最適なパフォーマンスを実現します。超音波(SAW)式、ひずみゲージ式、光学式、磁気弾性式、圧電式などのトルクセンサーが一般的に市販されています。これらの製品は、自動車、航空宇宙、防衛、医療、農業、鉱業など、さまざまな業界で幅広く使用されています。

市場の動向

自動車産業の著しい成長と、高性能なハイブリッド車や電気自動車の需要の増加が、市場の見通しを良くしている主な要因の一つです。トルクセンサーは、電動パワーステアリング(EPS)システムのステアリングコラムに取り付けられ、自動車の燃費やエネルギー効率を向上させます。また、リアルタイムでのトルク管理、エンジンやシャーシの性能測定、自動車のエネルギー伝達にも使用されています。さらに、産業用ロボットが製品テストのためにトルクセンサーを広く採用していることも、市場の成長を後押ししています。軽量化、電気ノイズの低減、高剛性、応答速度の向上を実現したロータリーセンサーの開発など、さまざまな技術的進歩が市場の成長に貢献しています。加えて、医療用ロボットの登場に伴い、感度が高く、電気的にも受動的な非接触・無線の光学式トルクセンサーの生産も、市場をさらに押し上げる要因の一つと考えられています。

主要な市場区分

タイプ別の市場区分

・ロータリートルクセンサー

・反応式トルクセンサー

技術別の市場区分

・表面弾性波(SAW)

・光学式

・ストレインゲージ

・その他

アプリケーション別の市場区分

・航空宇宙・防衛

・自動車

・試験・計測

・ヘルスケア

・その他

市場の競合状況

トルクセンサーの世界市場における主要な企業としては、Applied Measurements Ltd.、Crane Electronics Inc.、Datum Electronics Ltd. (Indutrade AB)、FUTEK Advanced Sensor Technology Inc. (Indutrade AB)、 (株)日立製作所、Honeywell International Inc.、Hottinger Baldwin Messtechnik GmbH (Spectris plc)、Infineon Technologies AG、Kistler Holding AG、Norbar Torque Tools Ltd. (Snap-on Incorporated)、PCB Pieque Tools Ltd.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]