保護リレー市場、2021年から2026年にかけて約6%のCAGRで成長見込み

市場の概要

保護リレーの世界市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。今後、2021年から2026年にかけて市場は約6%のCAGRで成長すると予測されています。

保護リレーとは、モーター、発電機、変圧器などの故障を最小限に抑えるために電気回路に設置される機械式またはデジタル式のシステムを指します。保護リレーは、電流、電圧、抵抗、温度などの入力を受け取り、それらを設定値と比較して、表示灯、制御警告、アラームなどの形で出力します。また、回路ブレーカーにトリップコマンドを与える故障検出装置としても機能し、回路内の他の機器や装置に与えるダメージを最小限に抑えることができます。従来の保護リレーと比較して、現代の保護リレーはマイクロプロセッサを使用したデジタルデバイスであり、より効率的で費用対効果が高いものとなっています。

市場の動向

急速な工業化に伴い、電力分野における再生可能エネルギーの需要が増加していることが、市場の成長を促す主な要因の一つです。再生可能エネルギー源の普及により、停電を回避または軽減するために、スマートグリッドネットワークのさまざまな機能レベルで製品の利用がさらに増加しています。また、世界各地で変電所の建設が進んでいることも、市場の成長を後押ししています。変電所では、商業用や家庭用の電力を供給しており、極端な電圧変動があった場合には、保護リレーを使ってアラームスイッチやサーキットブレーカーを作動させます。さらに、電気回路の設計が複雑化していることから、過電流、過電圧、低周波を検知して電力の流れを逆転させ、重大な事故を回避するための保護リレーの需要が高まっています。加えて、電力業界における安全意識の高まりや、広範な研究開発(R&D)活動などの要因も、市場をさらに押し上げる要因になると考えられています。

主要な市場区分

世界の保護リレー市場は、電圧、タイプ、アプリケーション、エンドユースに基づいて分類されています。

電圧別の市場区分

・高

・中

・低

タイプ別の市場区分

・電磁リレー

・ソリッドステートリレー

・マイクロプロセッサーリレー

・その他

アプリケーション別の市場区分

・フィーダープロテクション

・変圧器保護

・モーター保護

・発電機保護

・バスバー保護

・その他

エンドユース別の市場区分

・発電・配電

・産業用機器・システム

・鉄道

・その他

市場の競合状況

世界の保護リレー市場における主要な企業としては、ABB Ltd.、Basler Electric Company、Bender GmbH & Co.KG、Eaton Corporation、Fanox Electronics、General Electric、Littelfuse Inc.、 Mitsubishi Electric Corporation、NR Electric Co. Ltd. (NARI Technology Development Limited Co.)、Schneider Electric、Schweitzer Engineering Laboratories Inc.、Siemens Aktiengesellschaft、株式会社東芝、Woodward Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]