補助人工心臓市場、2027年に28億米ドル規模到達見込み

市場の概要

補助人工心臓の世界市場は、2021年に15億6千万米ドルの規模に達しました。今後、2022年から2027年の間に市場はCAGR10.09%で推移し、2027年には28億米ドル規模に達すると予測されています。

補助人工心臓(VAD)は、機械的循環補助装置としても知られており、心臓の下室から全身に血液を送る機械的なポンプです。一般的には、チューブ、電子制御装置、電源の3つのコンポーネントで構成されています。チューブは、血液をポンプに送り込み、血管に移送するもので、電源は、補助人工心臓の機能を監視する制御装置に接続されています。この装置は、手術後や心臓移植を待つ間、心臓の機能をサポートするための短期的な治療法として患者に埋め込まれます。移植までのつなぎ(BTT)療法、回復までのつなぎ(BTR)療法、候補者までのつなぎ(BTC)療法、デスティネーションセラピーに使用されます。

市場の動向

高血圧症、心室中隔欠損症、心不全、脳卒中などの心血管疾患の増加は、世界の人工心臓市場の成長を促進する重要な要因の一つです。また、心臓提供者の数が限られていることが、世界的にVADの需要を高めています。この問題を解決するために、医療関係者は、新しい心臓が移植されるまでの間、血液を送り続けるための補助人工心臓の利用に注目しています。これにより、病院の死亡率、入院期間、病院の総費用を削減することができます。さらに、業界をリードするメーカーは、感染症のリスクが高く、血栓形成や血液外傷などの合併症に対処するために、感染制御技術を備えた小型のデバイスなどの技術的進歩を取り入れています。また、機器の耐久性、機能性、効率性を高めることで生存率を向上させるために、いくつかの臨床試験が行われています。

主要な市場区分

世界の補助人工心臓市場は、製品別、フロータイプ別、製品タイプ別、アプリケーション別、エンドユーザー別に分類されています。

製品別の市場区分

・左補助人工心臓(LVAD)

・右補助人工心臓(RVAD)

・両補助人工心臓(BiVAD)

・その他

フロータイプ別の市場区分

・拍動性フロー

・非拍動性または連続性フロー

製品タイプ別の市場区分

・埋込型補助人工心臓

・非埋込型補助人工心臓

アプリケーション別の市場区分

・移植までのつなぎ(BTT)療法

・デスティネーションセラピー

・回復までのつなぎ(BTR)療法

・候補者までのつなぎ(BTC)療法

エンドユーザー別の市場区分

・外来手術センター

・病院

・その他

市場の競合状況

補助人工心臓の世界市場における主要な企業としては、Abbott Laboratories、Abiomed Inc.、Berlin Heart GmbH (Syscore GmbH)、Bivacor Inc.、Calon Cardio、Cardiacassist Inc. (LivaNova PLC)、CHF Solutions Inc.、Jarvik Heart Inc.、MAQUET GmbH (Getinge)、Medtronic Inc.、Syncardia Systems LLC (Versa Capital Management LLC)、TandemLife (LivaNova PLC)、Terumo Corporationなどがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]