額体温計市場、2021年から2026年にかけて約5%のCAGRで成長見込み

市場の概要

額体温計の世界市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。今後、2021年から2026年にかけて市場は約5%のCAGRで成長すると予測されています。

額体温計は、側頭動脈体温計とも呼ばれ、患者の額から放射される赤外線エネルギーに依存して測定値を得る、非侵入型の装置です。エネルギーは、温度計の前面に位置するレンズによって収集され、その後、温度に変換され、画面に表示されます。この装置は、主に赤外線センサー、コンデンサー、LCDドライバー、LCDスクリーン、PCBマイクロコントローラーダイオードで構成される動脈熱平衡システムを含んでいます。非接触型は感染症のリスクを最小限に抑え、接触型の額体温計はタッチモードと非タッチモードの両方で動脈温度を迅速かつ正確に表示します。2020年初頭以降、COVID-19パンデミックの発生により、体温を非接触で測定するための額体温計の需要が増大しています。

市場の動向

額体温計市場の成長は、技術の進歩がデジタル温度計や赤外線温度計の開発を促進していることに起因しています。また、消費者の健康意識の高まりや、感染症のリスクを低減する技術への需要の高まりも、市場を牽引しています。世界的にCOVID-19感染症が急増していることから、病気の感染リスクを抑制するために、定期的な体温チェックの需要が高まっています。その結果、額体温計は、空港、ショッピングモール、オフィス、病院などで、頻繁かつ効率的な健康診断プロセスのために広く採用されています。さらに、セルフケアに対する意識の高まりと、額体温計が提供するセルフモニタリングの利便性とが相まって、家庭用製品の需要がさらに高まっています。加えて、消費者の生活水準の向上に伴い、医療インフラ整備への投資が増加していることも、額体温計の人気を後押ししています。

主要な市場区分

世界の額体温計市場は、製品タイプ、携帯性、流通チャネル、エンドユーザーなどに基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場区分

・非接触型

・接触型

携帯性別の市場区分

・ハンドヘルド

・固定式

流通チャネル別の市場区分

・B to B

・小売

・オフライン

・オンライン

エンドユーザー別の市場区分

・公共

・民間

市場の競合状況

世界の額体温計市場における主要な企業としては、Microlife Corporation、Braun GmbH、Radiant Innovation Inc.、Easywell Biomedicals Inc.、Avita Health System、Rossmax International Ltd.、Omron Healthcare, Inc.、Samico Electronics Limited、Oricom International Pvt.Ltd.、Welch Allyn, Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]