湾岸協力会議(GCC)加盟国のインスタントコーヒー市場、2021年から2026年の間に約3%のCAGRで成長見込み

市場の概要

湾岸協力会議(GCC)加盟国のインスタントコーヒー市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。2021年から2026年の間に市場は約3%のCAGRで成長すると予想されています。

インスタントコーヒーは、抽出したコーヒー豆から作られており、ミルクや水を加えることで即座に調理することができます。GCC地域では、その利便性、使いやすさ、小売店の増加、高級化、フォーマットの革新などの要因により、インスタントコーヒーの需要が高まっています。

市場の動向

インスタントコーヒーの需要を押し上げている主な要因は、誰でも簡単に作ることができるその利便性です。インスタントコーヒーを作るために消費者が必要とするのはお湯だけです。また、インスタントコーヒーは、挽きたてのコーヒーに比べて比較的安価であり、多くの人が購入できる価格帯であることも需要を喚起する要因となっています。さらに、所得の増加、西洋化、食習慣の変化などを背景に、インスタントコーヒーの消費量は小売店や業務用の両方で堅調に増加しています。加えて、持ち運びや消費に便利な1回分のパックは、家庭用と家庭外の両方のセグメントで力強い成長を見せています。このようなフォーマットの革新は、GCC市場全体の成長を促進しています。また、サウジアラビアでは、ソーシャルメディアや海外旅行、オントレード店などでプレミアムコーヒーに触れる機会が増えていることを背景に、より豊かな原材料や風味を持つ付加価値の高いプレミアム製品への需要が高まっています。サウジアラビアのインスタントコーヒー市場の競争状況は非常に集中しており、現在はネスレが市場リーダーとなっています。

主要な市場区分

製品タイプ別の市場区分

・スプレードライ

・フリーズドライ

パッケージ別の市場区分

・パウチ

・ジャー

・サシェ

・その他

フレーバー別の市場区分

・フレーバー

・アンフレーバー

流通チャネル別の市場区分

・スーパーマーケット、ハイパーマーケット

・B to B

・独立系小売店

・百貨店

・オンライン

・その他

エンドユーザー別の市場区分

・機関投資家

・ホームユーザー

国別の市場区分

・アラブ首長国連邦

・サウジアラビア

・カタール

・オマーン

・クウェート

・バーレーン

市場の競合状況

湾岸協力会議(GCC)加盟国のインスタントコーヒー市場における主要な企業としては、Jacobs Douwe Egberts、Luigi Lavazza S.P.A.、Nestle S.A.、Starbucks Corporation、Strauss Group Ltd、Tata Global Beverages Limited、Tchibo Coffee International Ltd、The Kraft Heinz Companyなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]