インメモリ・コンピューティング市場、2021年から2026年の間に約25%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界のインメモリ・コンピューティング市場は、2015年から2020年にかけて力強い成長を示しました。今後、2021年から2026年の間に市場は約25%のCAGRで成長すると予想されています。

インメモリ・コンピューティング(IMC)とは、比較的速度の遅いディスクドライブの代わりに、専用サーバーのランダム・アクセス・メモリ(RAM)に情報を保存するプロセスのことです。IMCは、データを複数のクラスターに格納し、リアルタイムに処理を行うソリューション・アーキテクチャです。通常は、アーカイブ、リカバリー、履歴データへのアクセスのために、オンディスクまたはソリッドステートのストレージで補完されます。これにより、企業はパターンを検出し、大量のデータを分析し、迅速に処理を行うことができます。投資銀行業務、保険金請求モデル、ソーシャルゲーム、リアルタイム広告プラットフォーム、地理空間処理、医療画像処理などのサービスによく使われています。

市場の動向

ビジネスオペレーションのデジタル化という新たなトレンドと、データのリアルタイム分析に対する需要の高まりが、市場の成長を促進する主な要因の一つです。企業は、大規模なデータセットに対して高度なクエリを実行し、複雑な分析を行うことができるアプリケーションを採用しています。また、IMCは、企業の情報技術(IT)インフラストラクチャへの負荷や全体的な運用コストを最小限に抑えながら、リソースを解放し、ビジネスの洞察力を高め、効率性を向上させることができます。さらに、銀行・金融サービス・保険業界では、DRAM(ダイナミック・ランダム・アクセス・メモリー)ベースのIMCシステムの採用が進んでおり、これも市場の成長に貢献しています。銀行などの金融機関では、不正検知、リスク管理、財務分析、取引の監視などにIMCが利用されています。その他、情報技術(IT)分野の向上や、各業界での迅速なデータ処理に対する需要の高まりなども、市場をさらに押し上げる要因になると予測されています。

主要な市場区分

世界のインメモリ・コンピューティング市場は、コンポーネント、組織規模、産業分野に基づいて分類されています。

コンポーネント別の市場区分

インメモリ・データ管理ソリューションとサービス

・データベース

・データグリッド

インメモリ・コンピューティング・プラットフォーム

・サーバーアプリケーション

・分析アプリケーション

組織規模別の市場区分

・小規模企業

・中規模企業

・大規模企業

分野別の市場区分

・BFSI

・ヘルスケア

・IT・テレコム

・政府機関

・その他

市場の競合状況

世界のインメモリ・コンピューティング市場における主要な企業としては、Altibase Corp.、富士通株式会社、GigaSpaces Technologies Inc.、GridGain Systems Inc.、HCL Technologies Limited、International Business Machines Corporation、Microsoft Corporation、株式会社NTTデータ(日本電信電話株式会社)、Oracle Corporation、SAP SE、SAS Institute Inc.、Software AG、TIBCO Software Inc.(Vista Equity Partners)などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]