バイオインフォマティクス市場、2021年から2026年の間に約15%のCAGRで成長見込み

市場の概要

バイオインフォマティクス市場は、2020年に94億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に約15%のCAGRで市場が成長すると予想されています。

バイオインフォマティクスとは、生物学的データを分析・解釈するための様々な手法やソフトウェアツールを開発する学際的な科学分野を指します。バイオインフォマティクスは、生物学、数学、統計学、情報技術(IT)の原理を組み合わせて、ゲノムデータやバイオロジカルネットワークを研究する分野です。また、科学研究を促進するための情報の保存、配信、分析のための様々なツールや、データの管理、作成、ウェアハウジング、マイニングのための様々なソフトウェアプログラムも統合されています。このような背景から、バイオインフォマティクスは、分子医薬品、予防薬、医薬品開発、遺伝子治療、微生物の法医学的分析などの分野で幅広く活用されています。

市場の成長要因

バイオインフォマティクスの世界市場は、主にバイオテクノロジー分野の著しい進歩に牽引されています。これに伴い、プロテオミクスや創薬のための核酸やタンパク質のシーケンスの需要が高まっていることが、市場の成長に寄与しています。収集されたデータや情報は、疾患の分子メカニズムの本質を理解するのに役立ち、それによってより効率的な診断テストや治療法の開発が可能になります。さらに、農業分野でのバイオインフォマティクスの普及も、市場の成長を後押ししています。この技術は、種子の遺伝子、プロテオミクス、メタボローム、フェノームの情報を調査し、作物の生産性向上のための技術開発に活用されています。さらに、ヘルスケア分野における人工知能(AI)やビッグデータ技術の統合など、さまざまな技術の進歩も需要を後押ししています。その他、IT企業によるバイオインフォマティクスソリューション開発への投資の増加や、世界的な個別化医療への嗜好の高まりなども、市場をさらに押し上げる要因になると予測されています。

主要な市場区分

世界のバイオインフォマティクス市場は、製品・サービス別、アプリケーション別、最終用途部門別、地域別に分類されています。

市場の競合状況

世界のバイオインフォマティクス市場における主要な企業としては、ABM Industries社、Agilent Technologies社、Biomax Informatics社、Data4Cure Inc.社、Dnaster Inc.社、Illumina Inc.社、Life Technologies社、PerkinElmer Inc.社、Qiagen N.V.社、Quest Diagnostics社、Sophia Genetics SA社、Thermo Fisher Scientific Inc.社、Waters Corp.社、WuXi Nextcode Genomics社などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]