企業向けオンライン会議サービス市場、2021年から2026年の間に約6%のCAGRで成長見込み

市場の概要

世界の企業向けオンライン会議サービス市場は、2020年に42億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に市場は約6%のCAGRで成長すると予想されています。

企業向けオンライン会議サービスは、ビデオ会議やウェブ会議を通じて、企業とその従業員や様々なステークホルダーとの間で使用されるコミュニケーションモードです。このサービスは、メディアリッチなデータや音声を共有するアプリケーションを通じて、効果的なコミュニケーションを支援します。ユーザーは、このサービスを利用して、ライブミーティング、会議、プレゼンテーション、トレーニングセッションを行うことができます。これらのサービスは、場所を問わず、すべての参加者間の自由で率直な意見交換に大きく貢献します。

市場の動向

グローバル化の進展とインターネットの普及率の高さは、市場成長の主な要因の一つです。このような傾向から、バーチャルワークスペースが登場し、その柔軟性の高さから、世界中で絶大な支持を得ています。企業向けオンライン会議サービスは、プロジェクトでのコラボレーションや知識ベースの共有、モバイルやクラウドコンピューティング機能の利用が可能なバーチャルワークスペースに不可欠な要素となっています。これにより、直接会って会議を行う場合の交通費や移動時間を削減し、仕事の時間を柔軟にすることができます。また、情報技術(IT)の消費者化が進み、中小企業が日常業務を効率的に行うためにビデオ会議やモバイル会議を導入するケースが増えていることも、これらのサービスの需要を世界的に押し上げています。さらに、ユーザーエクスペリエンスの向上、製品の簡素化、Web会議のスマートなワークフローメカニズム、組織の運用コストの削減なども、市場の成長を促す要因となっています。

主要な市場区分

世界の企業向けオンライン会議サービス市場は、サービスタイプと会議規模に基づいて分類されています。

サービスタイプ別の市場区分

オンライン法人向けVCS(ビデオ会議サービス)

・オンプレミス型VCS

・ホステッドVCS

・マネージドVCS

法人向けオンラインWCS(ウェブ会議サービス)

・オンプレミス型WCS

・ホステッドWCS

会議規模別の市場区分

・小規模会議

・中規模会議

・大規模会議

市場の競合状況

世界の企業向けオンライン会議サービス市場における主要な企業としては、Adobe、Avaya、Blue Jeans Network、Citrix Systems、AT&T Connect Support、Bridgit、Zoho、New Row、Vidyo、BT Conferencing、ClickMeeting、Communique Conferencing、EyeNetwork、Fuze/FuzeBox、Cisco WebExなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]