空港手荷物処理システム市場、2021年~2026年の間、CAGR5%で成長見込み

市場の概要

空港手荷物処理システム市場は、2015年から2020年にかけてマイナス成長となりました。手荷物処理システム(BHS)は、チェックインした荷物を発券カウンターから飛行機のローディングゲートまで、またはその逆に移動させるために使用されるコンベア機構です。また、荷物の追跡、負荷分散、量の調整、セキュリティ上の理由による荷物のスクリーニングにも使用されます。このシステムには、バーコードスキャナー、無線センサー、チルトトレーソーター、自動ジャム読み取り機(AJR)、自動タグ読み取り機(ATR)、バーティカルソーターなどの機器が使用されています。 このシステムは、旅行者に効率的で透明性の高い荷物の取り扱いを提供し、地上スタッフの作業負担を最小限に抑えることを目的としています。その結果、従来の手作業による仕分け機器や機械は、完全に自動化されたコンピュータガイドの技術に取って代わられつつあります。

市場の動向及び成長要因

世界各地の空港の急速な近代化に伴い、航空産業が盛んになっていることが、市場成長の主な要因です。さらに、フライト利用者数の増加に加え、テロリストの脅威が頻繁に発生していることから、空港のセキュリティに対する懸念が高まっています。また、世界的な国際貿易の拡大と観光客の増加は、航空業界にも影響を与えており、これらのシステムの必要性をさらに高めています。さらに、新しい空港の建設や既存のターミナルの拡張などの試みに加え、手荷物処理プロセスにロボットを利用するなどの技術的進歩も、市場にプラスの見通しをもたらすと予想されます。市場の成長に貢献しているその他の要因としては、市場のプレーヤーが研究開発(R&D)に力を入れており、短納期でより高度な製品のバリエーションを開発し、生産能力を高めていることが挙げられます。例えば、Siemens Postal, Parcel & Airport Logistics GmBH(SPPAL-ドイツ)は、2015年にアブダビ国際空港(AUH)との契約を更新し、ターミナル1と3のBHSを改修して1時間あたり4,800個以上のバッグを提供することを目指しました。今後、世界の空港手荷物処理システム市場は、予測期間(2021年~2026年)に約5%のCAGRで成長すると予想されています。

主要な市場区分

空港手荷物処理システム市場は、識別技術、空港クラス、チェックイン・タイプ、タイプ、効率性、コスト分析、地域に基づいて分類されています。

識別技術別の市場構成は、以下の通りです。

バーコードシステム

RFIDシステム

空港クラス別の市場構成は、以下の通りです。

クラスA空港

クラスB空港

クラスC空港

チェックイン・タイプ別の市場構成は、以下の通りです。

アシストサービスバッグチェックイン

セルフサービスのバッグチェックイン

タイプ別の市場構成は、以下の通りです。

コンベアシステム

宛先コード付き車両

効率性別の市場構成は、以下の通りです。

3000以下

3000~6000

6000以上 

コスト分析による市場の分類は、以下の通りです。

運用コスト分析

導入コスト分析

地域別の市場区分は、以下の通りです。

北アメリカ

ヨーロッパ

アジア・パシフィック

中近東・アフリカ

ラテンアメリカ

市場の競合状況

世界の空港手荷物処理システム市場における主要な企業としては、シーメンス、ヴァンデルランデ、ダイフクカンパニー、プテリスグローバル、Beumerグループ、Fivesグループ、G&S Airport Conveyer、Grenzebach Maschinenbau、BCSグループ、Logplan、Glidepathグループ、Ansir Systems、Babcock Internationalグループ、SITAなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]