ネブライザー市場、2021年から2026年の間、7%のCAGRで成長見込み

市場の概要

ネブライザー市場は、2020年に16億7,000万米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年にかけて同市場は約7%のCAGRで成長すると予想されています。

ネブライザーは、呼吸器系疾患を患っている患者が、肺に直接薬を投与するために使用する機器です。通常、モーター、マウスピース、カップ、チューブで構成されており、酸素、圧縮空気、超音波などの力を使って液体の薬を細かい霧状にしてエアゾールにします。吸入器では深呼吸ができない人に医師が処方します。ネブライザーは主に、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、喘息、嚢胞性線維症などの極度の呼吸困難を緩和するために使用されます。

市場の成長要因

慢性呼吸器疾患の増加は、市場の成長を促進する大きな要因となっています。多忙な日々、座りっぱなしの生活、運動不足により、世界的に肥満が増加しています。これに加えて、タバコやアルコールの消費量が増加していることから、呼吸器系疾患の発生が増加しており、ネブライザーの売上が増加しています。また、自家用車の普及や産業の拡大に伴う公害レベルの上昇も、この製品の世界的な需要に貢献している重要な要因です。さらに、高齢者人口の増加に伴い、在宅医療機器の需要が増加しており、これがポータブルタイプの需要を牽引しています。さらに、いくつかの団体が、呼吸器系疾患の治療法に関する認識を広めるための取り組みを行っています。例えば、Global Initiative for Chronic Obstructive Lung Disease (GOLD)では、COPDがもたらすリスクとその治療法について積極的に啓蒙活動を行っています。

主要な市場区分

ネブライザー市場は、製品タイプ別、携帯性の有無、エンドユーザー別、用途別、地域別に分類されています。

製品タイプ別では、空気式ネブライザー、超音波式ネブライザー、メッシュネブライザー、その他に分けられています。

携帯性の有無では、ポータブルネブライザと独立型ネブライザーに分かれています。

エンドユーザー別では、病院・診療所、長期滞在型ヘルスケアセンター、ホームケア施設、外来患者に分かれています。

用途別では、慢性閉塞性肺疾患、嚢胞性線維症(Cystic Fibrosis)、気管支喘息、その他に分かれています。

地域別では、北アメリカ、ヨーロッパ、アジア・パシフィック、中近東・アフリカ、ラテンアメリカに分かれています。

市場の競合状況

世界のネブライザー市場における主要な企業としては、Briggs Medical Service Company、Ca-Mi SRL、Besco Medical、Flyp Nebulizers、DeVilbiss Healthcare International、Omron Corporation、Becton, Dickinson and Company 、Koninklijke Philips N.V.、Feellife Health Inc.、Invacare Corporation、Pari Medical Ltd.、Philips Respironics, Inc.、Agilent Technologies, Inc.、Medline Industries, Inc.、Graham Field (GF) Health Products, Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]