個人用保護具市場、2021年から2026年にかけて8.5%のCAGRで成長見込み

市場の概要

個人用保護具の世界市場は、2020年に541億米ドルの規模に達しました。個人防護具(PPE)とは、様々な潜在的な職業上の危険からユーザーを保護するための着用可能な機器や装備の総称です。主に、顔、目、耳、頭、足などを保護するための装備が含まれます。多くの国の政府機関では、危険や事故から最大限に保護するために、滑りにくい靴底を持つ耐パンク性の安全ブーツとハードハットの着用が義務づけられています。その結果、PPEは、物理的、化学的、機械的、および放射性物質との接触によって負傷する可能性のある、化学、石油・ガス、建設、および製薬などの労働力を必要とする産業で幅広く使用されています。

市場の動向

急速な工業化は、市場の成長に寄与する重要な要因の一つです。急速な工業化に伴い、世界各地で建設活動が活発化しています。しかし、建設現場では安全対策が徹底されていないため、世界各地で労働災害が頻発し、貴重な労働力と時間の損失につながっています。そのため、労働者や雇用者の間では、職場での最大限の保護を確保するために、個人の安全性や職業上の安全性に対する意識が高まってきています。これらの要因により、PPEは現在、先進国と新興国の両方で広く普及しています。さらに、鉱山や石油掘削施設におけるパターンや危険要素の存在を識別できるセンサーを備えたスマートウェアラブルの導入など、さまざまな製品イノベーションも市場の成長を促しています。今後、予測期間(2021年~2026年)において、世界の個人用保護具市場は8.5%のCAGRで成長すると予想されています。

主要な市場区分

世界の個人用保護具市場は、機器タイプ、最終用途産業、地域に基づいて分類されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]