水溶性フィルム市場、2021年から2026年にかけて力強い成長見込み

市場の概要

水溶性フィルム市場は、2020年に3億8,900万米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年にかけて市場は力強い成長を示すと予想されています。

水溶性フィルムとは、水に触れると溶けるポリビニルアルコール(PVA/PVOH)でできた薄い保護層のことです。PVAは無色・無臭・生分解性の樹脂であり、重金属や有害元素を含みません。この樹脂から作られた水溶性フィルムは、高い引張強度、柔軟性、接着性を有し、機械的にもスムーズで、生産性が高く、コストパフォーマンスが高く、柔軟な包装が可能です。そのため、工業製品や消費者製品の包装に幅広く使用されており、特に1回分の食事や分包の包装に使用されています。

市場の成長要因

水溶性フィルムの需要が拡大していることや、持続可能で環境に優しい包装材料として利用されていることが、市場成長の主な要因の一つです。例えば、洗剤メーカーでは、1回使い切りのパックを提供することで、エンドユーザーによる無駄使いやこぼし、過剰摂取を防ぐことができます。また、化学業界では、作業員が危険物に直接触れることを防ぐために、これらのフィルムが使用されています。さらに、これらのフィルムは、空気や油に対する耐性があるため、食品・飲料業界でも広く使用されています。さらに、継続的な研究開発により、メーカーは土壌や水に簡単に分解できるミルクベースの熱可塑性プラスチックから作られた水溶性フィルムを導入しています。また、環境保護に関する厳しい法規制の導入に伴い、環境に優しく使いやすい農薬用包装材への要求が高まっていることも、市場成長の要因となっています。

主要な市場区分

材料別の市場構成

・PVA/PVOH

・キシラン

アプリケーション別の市場構成

・洗剤包装

・農薬包装

・水処理薬品の包装

・医薬品包装

・その他

最終用途産業別の市場構成

・繊維

・農業

・消費財

・ヘルスケア

・その他

地域別の市場構成

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・アジア・パシフィック

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

市場の競合状況

水溶性フィルム市場における主要な企業としては、クラレ株式会社、日本合成化学工業株式会社、積水化学工業株式会社、アイセロ株式会社、アローグリーンテック株式会社、コーテック株式会社、常州ケリンPVA水溶性フィルム株式会社、江門プラウドリー水溶性プラスチック株式会社、AMC(UK)社、3M社、三菱化学株式会社、デュポン・ド・ヌムール社、福建中水生分解性フィルム有限公司、徳州華楙繊維有限公司、Neptun Technologies Inc. Ltd.、Neptun Technologies GmbHなどがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]