スマートグリッド市場、2021年から2026年の間に約14%のCAGRで成長見込み

市場の概要

スマートグリッド市場は、2015年から2020年にかけて力強い成長を示しました。今後、2021年から2026年の間に約14%のCAGRで市場が成長すると予想されています。

スマートグリッドとは、双方向のデジタル通信システムを介して電力を供給するための電子ネットワークを指します。スマートグリッドは、送配電プロセスにおいて、電力の需要と供給に関するデータをリアルタイムに収集することができます。スマートグリッドには、課金データ収集の自動化や機器の故障を検知するためのスマートセンサーや電力計、無線通信による長距離送電を行うための超電導ケーブルなどのデバイスが主に利用されている。これらのグリッドは、自己修復機能を備えており、漏電のない安定した電力供給を可能にするとともに、グリッド運営に対する消費者の参加を促進し、全体的な効率の向上とエネルギー生産コストの削減に貢献しています。

市場の成長要因

急速な都市化やデジタル化の進展に伴い、世界的にエネルギー需要が増加していることが、市場成長の主な要因の一つとなっています。新興国では、既存のグリッドインフラの改修やソフトウェアベースのアーキテクチャの導入にスマートグリッドが活用されています。さらに、太陽光発電、地熱発電、水力発電などの分散型エネルギー源の普及も、市場の成長を後押ししています。これらのエネルギー源は、マイクログリッドやさまざまな接続機器を介して、オンサイトでの発電や蓄電を可能にします。さらに、スマートグリッドとクラウド技術の統合により、現在のエネルギー使用状況の分析やパターンの監視が容易になり、環境保護や省エネルギーに関する懸念に対応できるようになりました。その他、有利な政府政策、世界各地でのスマートシティの開発、研究開発(R&D)活動の増加などの要因が、市場をさらに押し上げると予測されます。

主要な市場区分

世界のスマートグリッド市場は、コンポーネント、エンドユーザー、地域に基づいて分類されています。

コンポーネント別の市場構成

ソフトウェア

・アドバンスト・メータリング・インフラ

・スマートグリッド配電管理

・スマートグリッド・ネットワーク・マネジメント

・変電所オートメーション

・その他

ハードウェア

・センサー

・プログラマブル・ロジック・コントローラ

・AMIメーター

・ネットワークハードウェア

・その他

サービス

・コンサルティング

・サポート&メンテナンス

・デプロイメントとインテグレーション

エンドユーザー別の市場構成

・住宅用

・商業用

・産業用

地域別の市場構成

・アジア太平洋

・ヨーロッパ

・北アメリカ

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]