ピレスロイド市場、2021年から2026年にかけて約4%のCAGRで成長見込み

市場の概要

ピレスロイド市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。今後、2021年から2026年にかけて市場は約4%のCAGRで成長すると予測されています。

ピレスロイドは、菊の花から抽出された天然のピレトリンを合成したものです。主に、蚊、ハエ、アリ、蛾、農作物の害虫などの殺虫に使用されます。ピレトリンと似た性質を有していますが、日光には弱いです。哺乳類や鳥類への毒性は低く、虫や飛翔する昆虫を殺すために少量投与されます。家庭用殺虫剤として広く使用されており、生分解性があり保存期間が短いのが特徴です。ピレスロイドは、湿った粉末、顆粒、乳化性濃縮物、超低容量(ULV)スプレーの形で使用されます。

農業分野や住宅分野でピレスロイドが広く使用されていることが、市場成長の主な要因となっています。人口の増加と農地の減少に伴い、世界中の農家が収穫量の向上を目指して新しい農法を採用しています。そのため、ピレスロイドは農業および関連分野で広く採用されています。ピレスロイドは、従来使用されてきた殺虫剤に代わる費用対効果の高い代替品として機能しています。さらに、合成品に対抗するため、メーカーはピレスロイドの生産量を増やし、より効率的な流通に力を入れています。さらに、哺乳類や鳥類への毒性が低いため、従来からニンジンやレタスなどの野菜に使用されている有機リン剤に代わって、ピレスロイド系殺虫剤が使用されるようになっています。さらに、これらの殺虫剤は高活性で非常に効果が高いことでも知られています。このような背景から、ピレスロイド系殺虫剤の需要は、家庭や産業分野での布処理や蚊の駆除において増加しており、市場の成長を促していると考えられます。

主要な市場区分

世界のピレスロイド市場は、製品タイプ、作物タイプ、害虫タイプ、地域に基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場構成

・ビフェントリン

・デルタメトリン

・ペルメトリン

・シペルメトリン

・シフルトリン

・ラムダ-シハロトリン

・その他

作物タイプ別の市場構成

・穀類・穀物

・油糧種子・豆類

・果実・野菜類

・その他

害虫タイプ別の市場構成

・鱗翅目

・吸汁性害虫

・鞘翅目

・双翅目

・ダニ類

・その他

地域別の市場構成

・アジア太平洋

・ヨーロッパ

・北アメリカ

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

市場の競合状況

世界のピレスロイド市場における主要な企業としては、BASF、Bayer CropScience、Corteva Agriscience、Nufarm、SinoHarvest Corporation、住友化学、Syngenta、United Phosphorus、Arysta Lifescience、Cheminova、FMC、Monsanto、Shanghai Mingdou Agrochemical、Adama Agricultural Solutions Ltdなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]