電気機器筐体市場、2021年から2026年にかけて約6%のCAGRで成長見込み

市場の概要

電気機器筐体市場は、2020年に約60億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年にかけて市場は約6%のCAGRで成長すると予想されています。

電気機器筐体とは、発電機、変圧器、通信機器などの各種機器と、マウントスイッチ、ノブ、ディスプレイモニターなどの各種部品を収納する密閉されたキャビネットのことです。ユーザーの不慮の接触による損傷を防ぎ、空間の美的価値を高めるために使用されます。エンクロージャーには、用途やエンドユーザーの好みに応じて、金属製と非金属製のものがあります。電気機器の筐体はしっかりと密閉され、水や湿気の侵入を防ぎます。また、電磁干渉、電気的破壊、電力散逸を防ぐことができます。また、可燃性ガス、可燃性粉塵、揮発性の蒸気や粒子が発生する可能性のある場所でも幅広く使用されています。

市場の成長要因

産業界では自動化の傾向が強まっており、また、スマートホームへの製品統合が進んでいることも、市場の成長を促す重要な要因の一つです。様々な発展途上国では、急速に増加する人口のエネルギー需要を満たすために、既存の電力インフラをアップグレードすることが急務となっています。これに加えて、太陽光や風力などの再生可能エネルギーを利用した発電所の設置も、市場成長の要因となっています。さらに、先進国および新興国の政府は、事故や死傷者の発生を防ぐために、住宅、商業施設、産業施設に電気設備の設置を義務付けています。その他にも、スマートグリッドの導入が進んでいることや、IoT(モノのインターネット)に対応した産業用筐体の需要が高まっていること、電気機器筐体のメリットに関する認識が高まっていることなどが、市場の成長をさらに後押ししています。

主要な市場区分

世界の電気機器筐体市場は、タイプ、材料タイプ、実装タイプ、フォームファクター、製品タイプ、デザイン、エンドユーザー、地域に基づいて分類されています。

タイプ別の市場構成

・ジャンクションエンクロージャー

・ディスコネクトエンクロージャー

・オペレーターインターフェースエンクロージャー

・環境および気候制御エンクロージャー

・プッシュボタンエンクロージャー

材料タイプ別の市場構成

・金属

・非金属

実装タイプ別の市場構成

・壁掛け式筐体

・床置き/自立型筐体

・地下

フォームファクター別の市場構成

・小型

・コンパクト

・フルサイズ

製品タイプ別の市場構成

・ドリップタイト

・危険な環境

・防炎・防爆

・防塵・防滴

・その他

デザイン別の市場構成

・標準タイプ

・カスタムタイプ

エンドユーザー別の市場構成

・発電

・送電・配電

・その他の電気機器

地域別の市場構成

・アジア太平洋

・ヨーロッパ

・北アメリカ

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]