デジタル油田市場、2021年から2026年まで約5%のCAGRで成長見込み

市場の概要

デジタル油田市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。デジタル油田とは、海底からの石油回収を促進するために、高度なデータ分析とソフトウェアシステムを組み込んだ技術中心のソリューションを指す包括的な用語です。このソフトウェアは、坑井、貯留層、地上施設に関連する情報を使用して生成されたワークフローと予測分析を用いて、石油・ガス田の機能を再現します。これにより、インテリジェントにフィルタリングされたデータとテクノロジーの最適な活用により、意思決定プロセスが簡素化されます。油田のデジタル化は、人と機械の両方のリソースを効果的に配置し、オペレーションの全体的な費用対効果を高めます。また、全体的な安全性、環境保護、炭化水素生産量の最適化、資源の浪費の排除を実現します。

市場の成長要因

石油・ガスを含むいくつかの産業でデジタル化の傾向が高まっていることが、市場成長の主な要因となっています。様々な産業で石油および石油派生物の需要が増加していることに加え、石油・ガス産業の作業環境が潜在的に危険であることから、デジタル油田の必要性が大幅に高まっています。さらに、多くの油田が飽和状態にあることから、石油回収率を高めるためにデジタルメカニズムが採用されています。坑井試験設備や貯留層の最適化などの先進的なソリューションは、最終用途の業界で人気を博しています。また、新たな油田の発見につながる探査活動の増加も、市場の成長を促しています。さらに、非生産的な機能や損失を削減するために、オペレーションをリアルタイムで監視する方法が増えていることも、市場をさらに押し上げる要因になると考えられます。また、これらのシステムは、手作業による油田や関連作業と比較して、正確で信頼性の高い管理により、プラントの効率的な管理を可能にします。その他、無線技術やデータ分析・収集サービスの進歩、オフショア石油探査活動への投資の増加などの要因も、市場の成長にプラスの影響を与えると予想されます。今後、デジタル油田の世界市場は、予測期間(2021年~2026年)に約5%のCAGRで成長すると予想されています。

主要な市場区分

ソリューション別の市場構成

ハードウェアソリューション

・分散型制御システム(DCS)

・監視制御・データ収集(SCADA)

・スマートウェル

・安全システム

・ワイヤレスセンサー

ソフトウェアソリューション

・ITアウトソーシング

・ソフトウェア

・ITサービスとコミッショニング

・コラボレーティブ・プロダクト・マネージメント(CPM)

その他

・データストレージソリューション(ホスト型)

・データストレージソリューション(オンプレミス)

プロセス別の市場構成

・生産最適化

・掘削最適化

・貯留層の最適化

・安全管理

・その他

アプリケーション別の市場構成

・オンショア

・オフショア

地域別の市場構成

・アジア太平洋

・ヨーロッパ

・北アメリカ

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]