コイルコーティング市場、2021年から2026年の間に約5%のCAGRで成長見込み

市場の概要

2015年から2020年にかけて、コイルコーティング市場は緩やかな成長を示しました。コイルコーティングは、アルミニウムやスチールなどの金属のコイルをコーティングし、塗装する方法です。コイルコーティングは、耐腐食性を高めるために金属の全面に施される化学的な前処理です。このコーティングには、ポリエステル、シリコン化ポリエステル、ポリフッ化ビニリデン(PVDF)、プラスチゾル、ポリウレタンなどが使用されます。デザインの自由度が高く、耐候性や耐腐食性が向上し、色や質感が多様化するなど、有益な特性を持っています。さらに、コイルコーティングは、滑らかな仕上がりで美観を向上させ、構造物の耐久性を高めるため、金属製の屋根、収納ユニット、ウォールパネル、ガレージドアなどに幅広く使用されています。

市場の成長要因

建設業界の隆盛は、市場の成長を促進する重要な要因の一つです。建築・建設業界は、コーティング樹脂の最大の消費者の一つです。また、環境に配慮した建築物の増加、移住率の上昇、急速な都市化などにより、住宅や商業施設の建設プロジェクトが大幅に増加しており、製品需要がさらに高まっています。これに加えて、様々な業界の金属製品メーカーが高品質な複合コーティングを選択しています。表面化学と処理技術の分野における絶え間ない進歩は、市場にポジティブな見通しをもたらすと予測されます。コイルコーティングは、応力に強く、柔軟性があるため、包装材の分野でも急速に受け入れられています。高効率の包装材は、保管や輸送用途で需要が大きく伸びています。さらに、エレクトロニクス分野の隆盛も業界の成長にプラスの影響を与えています。今後、2021年から2026年の間に、世界のコイルコーティング市場は約5%のCAGRで成長すると予想されています。

主要な市場区分

タイプ別の市場構成

・ポリエステルコイルコーティング

・フッ素樹脂コイルコーティング

・シリコン化されたポリエステルコイルコーティング

・ポリビニリデンジフルオリド(PVDF)

・ポリウレタン(PU)

・プラスチゾルコイルコーティング

・その他

アプリケーション別の市場構成

・アルミニウム

・スチール

最終用途産業別の市場構成

・建築・建設

・アプライアンス

・自動車

・その他

地域別の市場構成

・アジアパシフィック

・ヨーロッパ

・北アメリカ

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

市場の競合状況

世界のコイルコーティング市場における主要な企業としては、Akzonobel N.V.、PPG Industries、BASF SE、The Valspar Corporation、E. I. Du Pont De Nemours and Company、Henkel AG & Company、Kansai Paint Company、BDM Coil Coaters、CENTRIA、Dura Coat Products、Goldin Metals、Jupiter Aluminum Corporation、Metal Coaters System、Novelis、ArcelorMittal、Arconicなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]