自動車用クーラント市場、2021年から2026年にかけて約4%のCAGRで成長見込み

市場の概要

自動車用クーラント市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。今後、2021年から2026年にかけて市場は約4%のCAGRで成長すると予測されています。

自動車用クーラントまたは不凍液は、エチレングリコールまたはプロピレングリコールと水の混合物で、自動車の温度を特定の範囲内に維持するために使用されます。また、自動車のラジエーターが夏場にオーバーヒートしたり、冬場に凍結したりするのを防ぎ、その後の故障を回避するためにも使用されます。クーラントにはベース液のほかに、少量の腐食防止剤や消泡剤が含まれており、エンジンの効果を高める役割を果たしています。

市場の成長要因

世界的に自動車産業が好況であることが、市場の成長を促す主な要因となっています。近年、乗用車の需要が増加しており、これが市場の成長に寄与しています。さらに、不凍液の安全な廃棄とそのリサイクルに関する厳格な規制政策により、エンドユーザーによる再利用可能な冷却水バリアントの採用が進んでいます。使用済み冷却水には、動物にとって有害で、土壌を汚染する可能性のある重金属が含まれているため、消費者は適切な処理の必要性を認識しつつあります。さらに、メーカーは、無機酸技術(IAT)、ハイブリッド有機酸技術(HOAT)、有機酸技術(OAT)などの高度な技術を用いて冷却剤を配合しており、シリカやリン酸塩を含まない製品の製造を支援しています。また、自動車の平均寿命の向上、環境に優しい冷却剤の導入、消費者の可処分所得の増加などの要因も、市場の成長を促進しています。

主要な市場区分

製品別の市場構成

・エチレングリコール

・プロピレングリコール

・グリセリン

タイプ別の市場構成

・無機酸

・有機酸

・ハイブリッド有機酸

・その他

アプリケーション別の市場構成

・乗用車

・商用車

・2輪車

・その他

エンドユーザー別の市場構成

・OEM

・アフターマーケット

地域別の市場構成

・北アメリカ

・アジアパシフィック

・ヨーロッパ

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

市場の競合状況

自動車用クーラントの世界市場における主要な企業としては、Total S.A.、ExxonMobil、Castrol Limited、British Petroleum、Cummins Inc、Royal Dutch Shell、BASF、Chevron、LUKOIL、Motul S.A.、Sinopecなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]