発電所用ボイラー市場、2021年から2026年まで約4%のCAGRで成長見込み

市場の概要

発電所用ボイラー市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。発電所用ボイラーは、水を加熱して蒸気を発生させ、それを利用してエネルギーを生成する機械装置の一種です。ボイラーは、化石燃料を燃やして熱を生み出し、その熱が水に伝わって蒸気となる炉に組み込まれています。ボイラーの効率は年々向上しており、中には燃料対蒸気効率が90%に達するものもあります。ボイラーの形状や大きさは用途に応じて異なり、主に発電所や、蒸気や温水を使用する産業に設置されています。発電所用ボイラーには、循環流動ボイラー、多管式ボイラー、微粉末ボイラーなどの種類があり、それぞれ目的や用途が異なります。

市場の成長要因

世界的なエネルギー需要の高まりは、市場の成長を促す重要な要因です。増え続ける需要に対応するため、各国政府は既存の発電所の開発や新しい施設の建設に多額の投資を行っています。また、新興国では急速な都市化と工業化が進んでおり、発電所用ボイラーの需要をさらに高めています。また、二酸化炭素排出量に対する懸念の高まりや、高効率なエネルギーソリューションへの需要の高まりにより、ボイラーの製造および機能における技術的進歩がもたらされています。さらに、エアコン、電子レンジ、洗濯機などの電化製品への依存度が高まっているため、発展途上国と先進国の両方でエネルギー需要が増加しており、これが製品需要をさらに押し上げると予測されています。今後、2021年から2026年にかけて、世界の発電所用ボイラー市場は約4%のCAGRで成長すると予測されています。

主要な市場区分

タイプ別の市場構成

・微粉炭ボイラー

・循環流動層ボイラー

・その他

技術別の市場構成

・亜臨界圧

・超臨界圧

・超超臨界圧

燃料別の市場構成

・石炭

・石油

・ガス

・その他

入力容量別の市場構成

・<10 MMBtu/Hr

・10~50 MMBtu/Hr

・50~100 MMBtu/Hr

・100~250 MMBtu/Hr

・>250 MMBtu/Hr

地域別の市場構成

・北アメリカ

・アジア・パシフィック

・ヨーロッパ

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

市場の競合状況

発電所用ボイラー市場における主要な企業としては、Babcock & Wilcox社、AMEC Foster Wheeler社、Dongfang Electric社、General Electric社、Doosan Heavy Industries & Construction社、BHEL社、三菱日立パワーシステムズ社、Siemens社、IHI Corporation社、Thermax社などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]