ティラピア市場、2021年から2026年の間に6.1%のCAGRで成長見込み

市場の概要

ティラピア市場は、2020年に79億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に市場は6.1%のCAGRで成長すると予想しています。

ティラピアはシクリッド科に属する淡水魚で、主に浅い川や池、川、湖に生息しています。ティラピアは、世界で最も消費されている養殖魚の一つです。歴史的には、この多目的魚は主にアフリカや中東地域で重要な役割を果たしていました。しかし、現在では世界中で消費され、アジアやアメリカでも人気が高まっています。安価で味もまろやかなので、サーモンなどの高価な魚の代用としても適しています。

水産養殖の急速な拡大により、ティラピア産業は世界的に成長しています。養殖に最適なティラピアは、今ではコイに次いで2番目に多く養殖されている魚種となっています。雑食性で体が硬く、病気にも強いため、小規模な農家でも手ごろな価格で簡単に養殖することができます。また、ビタミンB、鉄分、ビタミンD、セレン、オメガ3脂肪酸などを含んでいることから、健康志向の高まりやたんぱく質を多く含む食事への需要も高まっています。さらに、遺伝子技術の向上や選択的な繁殖、政府による養殖事業の支援の増加なども、ティラピア市場の成長を促しています。

主要な市場区分

世界のティラピア市場は、養殖・野生、地域、品種、製品、セクターに基づいて分類されています。

養殖・野生別の市場構成

・養殖

・野生

現在、養殖ティラピアが市場を支配し、野生ティラピアがそれに続いています。

地域別の市場構成

・中国

・インドネシア

・エジプト

・バングラデシュ

・フィリピン

・ブラジル

・タイ

・その他

地域別では、中国が世界のティラピア市場の大半のシェアを占めています。

品種別の市場構成

・ナイルティラピア

・ティラピアネイ

・ブルーナイルティラピア

・モザンビークティラピア

・その他

現在、ナイルティラピアが主要セグメントであり、市場の大半を占めています。

製品別の市場構成

・冷凍フィレ

・ホールフィッシュ

・生鮮フィレ

・その他

冷凍フィレが最大の製品タイプで、最も高い市場シェアを占めています。

セクター別の市場構成

・機関投資家

・小売業

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]