ATM市場、2026年に293億米ドル規模到達見込み

市場の概要

ATM(現金自動預け払い機)市場は、2020年に210億米ドルの価値に達しました。将来的には、2026年に293億米ドルに達すると予想されています。

ATM(Automated Teller Machine)とは、消費者がクレジットカードやデビットカードを使って基本的な取引を行うことができる電子銀行の機械のことです。ATMは、お金を管理し、現金の引き出し、現金の預け入れ、資金移動などの機能を果たす特殊なコンピュータです。ATMは、カードリーダー、キーパッド、キャッシュディスペンサー、プリンター、ディスプレイ画面などで構成されており、ユーザーに関連する口座の残高情報が伝えられます。ATMは、従来の銀行の窓口に比べて、迅速かつ便利で、スムーズな金融取引のためのセルフサービスの代替手段として機能します。

新興国・先進国を問わず、都市化やデジタル化が進んでいることが、市場の成長を促す主な要因となっています。ATMは、24時間365日いつでも現金を利用できるだけでなく、送金や請求書の支払いにも対応しているため、世界中で広く受け入れられています。また、生体認証やワンタイムパスワード(OTP)サービスなどのセキュリティ機能の向上や、障がいのある方のためのトーキングATMの導入も、市場の成長を促進しています。さらに、観光産業の隆盛も市場を牽引する大きな要因となっています。ATMは、ダイナミック・カレンシー・コンバージョン(DCC)などの機能により、外国人観光客にとって便利な通貨交換の選択肢となっています。また、ATMは、銀行員の仕事量を減らし、消費者が現金の授受や預金のために長い列に並ばなくて済むようにするという重要な役割を果たしています。また、ATMは人為的なミスを減らすことができるため、銀行は効率的なオペレーションと消費者のシームレスな体験を実現することができます。

主要な市場区分

世界のATM市場は、ソリューション別、画面サイズ別、アプリケーション別、ATMタイプ別、地域別に分類されています。

ソリューション別の市場構成

デプロイメントソリューション

・オンサイトATM

・オフサイトATM

・ワークサイトATM

・モバイルATM

マネージドサービス

画面サイズ別の市場構成

・15インチ以下

・15インチ以上

アプリケーション別の市場構成

・引き出し

・振替

・預金

ATMタイプ別の市場構成

・コンベンショナル/銀行ATM

・ブラウンレーベルATM

・ホワイトレーベルATM

・スマートATM

・キャッシュディスペンサー

地域別の市場構成

・北アメリカ

・アジア・パシフィック

・ヨーロッパ

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]