タカフル市場、2021年から2026年の間に約11%のCAGRで成長見込み

市場の概要

タカフル市場は、2020年に276億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に約11%のCAGRで市場が成長すると予想されています。

タカフル(Takaful)とは、シャリーア準拠の保険制度のことで、会員が相互にお金を出し合い、損失や損害、盗難などの際にお互いをサポートすることを目的としています。タカフルの目的は、コミュニティの中で協力し合い、調和のとれた生活を送り、不確実な災難からお互いを守ることにあります。タカフルの契約者は、定期的に金銭を拠出し、それをタカフルの運用会社が監督・管理します。タカフルの契約者は、定期的に金銭を拠出し、それをタカフル運用会社が監督・管理していますが、投資した余剰金は、契約者の利益向上に役立つ投資に使われます。

市場の推進要因と制約要因

タカフルは、イスラム教徒の人口が多いことから、アジア太平洋地域やGCC地域を中心に急速に普及しています。現在、イスラム教徒は世界の総人口の5分の1を占めており、このレベルは将来的にさらに増加すると予想されます。

また、欧米諸国とは対照的に、世界のイスラム教徒の大部分は若く、全人口の60%が25歳以下であることも、市場の大きな原動力となっています。豊かさのレベルが上がっていることもあり、このイスラム教徒の若い人口は、早期に獲得すればかなり長い期間にわたって顧客ベースとなる可能性があります。

GCCのような豊かなイスラム圏では、通常の保険の普及率は比較的低いです。そのため、タカフルは保険に対する意識を高めるための重要な手段として認識されており、これらの国々では大きなチャンスがあります。

タカフルは、倫理的な投資方針、高い成長性、価格競争力などの要因により、強力なビジネス・プロポジションを提供しており、非イスラム教徒の顧客にも大きなシェアを持っています。

主要な市場区分

世界のタカフル市場は、製品タイプ別及び地域別に分類されています。

製品タイプ別の市場構成

製品タイプ別では、ライフ・ファミリー・タカフルとジェネラル・タカフルに分類しています。現在のところ、ジェネラル・タカフルが市場を支配し、最大のシェアを占めています。

地域別の市場構成

地理的には、湾岸協力会議(GCC)が世界のタカフル市場において主導的な地位を占めています。これは、同地域に非常に多くの裕福なイスラム教徒がいるためです。その他の地域としては、東南アジア、アフリカ、その他が挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]