豚用飼料市場、2026年に約1,700億米ドル規模到達見込み

市場の概要

豚用飼料市場は、2020年に約1,260億米ドルの価値に達しました。将来的には、2026年には約1,700億米ドルに達すると予想されています。

豚用飼料は、トウモロコシ、大豆、小麦をベースにした天然素材で作られています。また、豚の栄養要求を満たすために、アミノ酸、必須脂肪酸、ビタミン、ミネラルが強化されています。市場には様々なペレットやマッシュの豚用飼料があり、目標とするパフォーマンスや牛群の健康状態を改善するために配合されています。また、豚用の飼料には、天然の植物由来のタンパク質や、消化時に飼料のさまざまな成分の分解を助ける天然の菌類由来の酵素が含まれているものもあります。さらに、メーカーは革新的で効率的な豚用飼料を生産するために、定期的に新しい原料や飼料の配合をテストしています。世界的な豚肉需要の高まりは、現在、豚用飼料の売上を促進する重要な要因となっています。

市場の成長要因

食品の安全性に関する懸念の高まりにより、食肉の安全性を確保するための高品質な豚用飼料の需要が生まれています。豚用飼料市場の成長を刺激しているもう一つの要因は、農場経営者の間で豚の健康的な食生活を維持することの重要性に対する意識が高まっていることです。これに伴い、通常の豚用飼料から、動物の疫病に対する免疫力を向上させ、代謝障害、アシドーシス、怪我、感染症などのリスクを低減させる機能性飼料やプレミアム飼料への移行が進んでいます。さらに、先進国の消費者の間で有機豚の肉に対する需要が増加していることや、新しい飼育方法の導入、高い農業水準の維持などが、世界の豚用飼料市場に明るい展望をもたらしています。

主要な市場区分

世界の豚用飼料市場は、製品タイプ、飼料エッセンス、飼料添加物タイプ、地域に基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場構成

製品タイプ別に、市場はGrower、Starter、Sow、その他に分類されています。現在は、Growerが最大の市場となっています。

飼料エッセンス別の市場構成

飼料エッセンスに基づいて、市場はビタミン、酸化防止剤、飼料酸味料、飼料酵素、アミノ酸、その他に分類されています。

飼料添加物タイプ別の市場構成

飼料添加物タイプ別に、市場は動物性飼料添加物、感覚性飼料添加物、栄養性飼料添加物に分けられます。

地域別の市場構成

地域別では、アジア太平洋地域、ヨーロッパ、北米、中東・アフリカ、ラテンアメリカに分類されています。その中でも、アジア太平洋地域は豚用飼料の最大の市場であり、世界シェアの大半を占めています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]