スキン包装市場、2021年から2026年にかけて約5%のCAGRで成長見込み

市場の概要

スキン包装市場は、2020年に96億7,000万米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年にかけて市場は約5%のCAGRで成長すると予想されています。

スキン包装とは、プラスチックシートと板紙の間に製品を挟んで包装する方法です。製品をしっかりと密封し、外的要因によるダメージを抑えることができるため、主に賞味期限を延ばす目的で採用されます。これにより、腐敗を抑えることができるため、特に長距離輸送の安全性を確保するのに役立ちます。また、他の包装材に比べてスペースを取らず、軽量なため、輸送コストの削減にも貢献します。現在、主に食品や工具・部品・電子部品などの工業製品の梱包に使用されています。

多忙な日常生活や可処分所得の増加に伴い、包装されたRTE(ready-to-eat)食品の需要は世界中で急上昇しています。スキン包装は、食品の風味を長期間保つことができるため、食品業界で広く普及しています。さらに、金属製やガラス製の包装に比べて汎用性が高く、コスト効率も良いことから、消費財の包装に適したソリューションとなっています。また、製品の視認性が高いこと、角を剥がしやすいこと、包装材の使用量が少ないことなども、スキン包装の売上拡大の要因となっています。

主要な市場区分

世界のスキン包装市場は、基材、タイプ、ヒートシールコーティング、アプリケーション、地域に基づいて分類されています。

基材別の市場構成

・プラスチックフィルム

・紙および板紙

・その他

タイプ別の市場構成

・カード付きスキン包装

・ノンカードスキン包装

ヒートシールコーティング別の市場構成

・水性

・溶剤系

・その他

アプリケーション別の市場構成

・食品

・消費財

・工業製品

地域別の市場構成

・アジア太平洋

・ヨーロッパ

・北アメリカ

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

市場の競合状況

世界のスキン包装市場における主要な企業としては、Sealed Air Corporation、E.I. Du Pont De Nemours and Company、Bemis Company, Inc.、The DOW Chemical Company、Westrock Company、Berry Plastics Group, Inc.、Clondalkin Group Holdings B.V.、Linpac Packaging Limited、Display Pack Inc.、Mondini SPAなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]