シリコーン市場、2021年から2026年の間に7.7%のCAGRで成長見込み

市場の概要

シリコーン市場は、2020年に151億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に市場は7.7%のCAGRで成長すると予想されています。

ポリシロキサンとも呼ばれるシリコーンは、無機-有機モノマーから形成される高分子合成材料です。シリコーンは、その分子構造から、油状、固体状、ゴム状、液体状、グリース状、半粘性ペースト状など、さまざまな形態で製造することができます。一般的には、シリコーンと塩化メチル、そして水を反応させて製造されます。この反応により、柔軟性、耐湿性、耐薬品性、耐紫外線性、耐高温・耐低温性などの優れた特性を持つポリマーが生成されます。その結果、シリコーンは、感圧性接着剤から、電子機器を極端な温度や汚染から守るための保護材まで、さまざまな用途に使用されています。

市場の推進要因

シリコーンは、肌に刺激を与えず、滑らかな感触、低い表面張力、消泡性などの特性を持っています。そのため、シリコーンポリマーは、パーソナルケア製品、デオドラント製品、メイクアップ製品などに使用されています。世界的に化粧品の需要が増加していることが、シリコーン市場の成長を促進しています。

シーリング材、接着剤、保護コーティング材などのシリコーン系材料は、強度、耐久性、耐候性に優れているため、建築活動に広く使用されています。また、建築物の断熱性やエネルギー効率を高めるポリウレタンフォームの製造にも使用されています。インフラ整備と建設業界の成長に伴い、シリコーンの需要は急速に拡大しています。

これまでシリコーン製品の消費は主に欧米諸国に限られていました。しかし、現在ではアジア太平洋地域が世界のシリコーンの半分以上を消費しており、中でも中国が圧倒的な消費国となっています。経済成長、中間層人口の増加、急速な都市化、シリコーンを含む最終製品の消費の増加に伴い、アジアおよび中東諸国でのシリコーンの生産量が増加していることが、市場の成長を促進すると予想されます。

主要な市場区分

世界のシリコーン市場は、製品タイプ、アプリケーション、地域に基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場構成

世界のシリコーン市場は、製品タイプ別に、エラストマー、流体、ゲル、樹脂に分けられます。現在、シリコーンの中で最も普及しているのはエラストマーで、一般的に安定していて反応しない性質を持っています。エラストマーは、料理やベーキング、靴の製造など様々な用途に使用されています。

アプリケーション別の市場構成

同市場は用途別に、工業プロセス、建築材料、ホーム&パーソナルケア製品、輸送、エネルギー、ヘルスケア、エレクトロニクス、その他に分類されています。シリコーンは高圧、高温、耐薬品性に優れているため、主に工業プロセスで使用されています。

地域別の市場構成

地域別では、アジア太平洋地域が世界のシリコーン市場でトップの地位を占めています。この地域では、建設および自動車産業の成長がシリコーンの需要を押し上げています。その他の地域では、北米、欧州、ラテンアメリカ、中東・アフリカなどがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]