エビ養殖用飼料市場、2021年から2026年にかけて約5%のCAGRで成長見込み

市場の概要

エビ養殖用飼料の市場規模は、2020年に51億3,000万米ドルに達しました。今後、2021年から2026年にかけて市場は約5%のCAGRで成長すると予測されています。

エビ養殖用飼料は、養殖されているエビに必要な栄養を満たすために生産されます。エビ養殖用飼料は、ビタミン、ミネラル、必須アミノ酸、脂肪酸などを適切なレベルに調整するのに役立ちます。エビ養殖用飼料の一般的な成分は、フィッシュオイル、フィッシュ&スクイッドミール、シリアルフラワー、各種添加物などです。エビ養殖用飼料は、生産サイクル、単位面積当たりの収穫量、収益性を向上させるとともに、エビ養殖による環境汚染を軽減するのに役立ちます。

市場の成長要因

エビ養殖用飼料市場の成長を促している主な要因の1つは、消費者の健康意識の高まりと食生活の変化です。これにより、健康なエビに対する需要が高まり、市場の拡大にプラスの影響を与えています。さらに、発展途上国と先進国の両方からの旺盛な需要によるバナメイエビの商業化も、この需要を後押ししています。さらに、可処分所得の増加、人口の増加、エビ養殖方法の改善なども市場を促進する要因となっています。

主要な市場区分

世界のエビ養殖用飼料市場は、タイプ別、成分別、添加物別、地域別に分類されています。

タイプ別の市場構成

・グロワー

・フィニッシャー

・スターター

タイプ別に、市場はグロワー、フィニッシャー、スターターに分類されています。現在、グロワーシュリンプ用飼料が市場を支配しており、最大のシェアを占めています。

成分別の市場構成

・大豆粕

・魚粉

・小麦粉

・魚油

・その他

原料別では、大豆粕が最も大きく、次いで魚粕、小麦粉、魚油、その他となっています。

添加物別の市場構成

・ビタミンとタンパク質

・脂肪酸類

・酸化防止剤

・飼料用酵素

・抗生物質

・その他

添加物に基づいて、市場はビタミンとタンパク質、脂肪酸、抗生物質、酸化防止剤、飼料用酵素、その他に分類されています。これらの中では、ビタミンとタンパク質が明らかに市場を支配しています。

地域別の市場構成

・アジア太平洋地域

・ラテンアメリカ

・ヨーロッパ

・北アメリカ

・中近東・アフリカ

地域別では、アジア太平洋地域、ラテンアメリカ、北米、ヨーロッパ、中東・アフリカに分類されています。その中でも、アジア太平洋地域は世界市場全体の過半数を占めるリーディングマーケットです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]