SCADA市場、2021年から2026年の間に約8%のCAGRで成長見込み

市場の概要

SCADA市場は、2020年に165億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に市場は約8%のCAGRで成長すると予想されています。

SCADA(Supervisory Control and Data Acquisition)は、PC、グラフィカルなUI、ネットワーク化されたデータ通信を用いて、ハイレベルなプロセス監視管理を行い、特に地形的に隔離されたエリアからリアルタイムに情報を得るための制御フレームワークです。SCADAは、電力、製薬、石油・ガス、化学・石油化学、水・下水処理、自動車・電気、エレクトロニクスなど、さまざまな産業分野で生産性や効率性の向上に利用されています。発展途上国におけるグリッドオートメーション事業でSCADAの利用が拡大していることから、メーカーは配電や送電ロスの抑制を目的としたインフラの強化に注力しています。

市場の成長要因

SCADAは、機械の故障を迅速に検出し、欠陥を最小限に抑えることができるため、人気が高まっています。さらに、SCADAフレームワークの費用対効果の高さから、世界中でSCADAシステムの需要が高まっています。また、SCADAは、電力の供給能力が余っている地域の電力を不足している地域に振り分けることで、電力を均等に供給することができます。このように、電力を回復させることができるのもSCADAの利点であり、市場の主流になりつつあります。また、SCADAは、石油・ガス産業において、生産量の向上、生産の効率化、損失の抑制に役立つため、採用が進んでいることもSCADAの売上を押し上げている重要な要因の一つです。

主要な市場区分

世界のSCADA市場は、コンポーネント、アーキテクチャ、エンドユーザー、地域に基づいて分類されています。

コンポーネント別の市場構成

コンポーネントに基づいて、SCADA市場はプログラマブル・ロジック・コントローラ、リモート・ターミナル・ユニット、ヒューマン・マシン・インターフェース、コミュニケーション・システム、その他に分類されています。

アーキテクチャ別の市場構成

SCADA市場はアーキテクチャに基づいて、ハードウェア、ソフトウェア、サービスに分類されています。

エンドユーザー別の市場構成

エンドユーザーに基づいて、市場は石油・ガス、電力、上下水道、製造、化学・石油化学、医薬品、その他に分類されています。現在は、石油・ガス分野が最大のシェアを占めています。

地域別の市場構成

地域別に見ると、SCADA 市場は、欧州、北米、アジア太平洋、中東・アフリカ、ラテンアメリカに分かれています。

市場の競合状況

SCADA 市場の競合状況については、ABB Ltd., Emerson Electric Co., Rockwell Automation, Inc., Schneider Electric SE, Siemens AG, Alstom, General Electric Co., Honeywell International, Inc., Omron Corporation, Yokogawa Electric Corporation, Iconics Inc., Elynx Technologies, LLC, Enbase LLC, Globalogix, Inductive Automation などの主要企業が挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]