サーモン市場、2026年に362億米ドル規模到達見込み

市場の概要

サーモン市場は、2020年に232億米ドルの価値に達しました。今後、2026年には362億米ドルに達すると予想されています。

サーモンは、サケ科に属するエイ科の魚です。通常、大西洋と太平洋の北部に生息し、現在最も広く取引されている魚介類の代表です。飽和脂肪が少なく、タンパク質、カルシウム、ビタミンB3、D、亜鉛、ヨウ素、コレステロール、オメガ3脂肪酸などの栄養素が豊富に含まれています。定期的に摂取することで、炎症を鎮め、血圧を下げ、癌になるリスクを最小限に抑え、動脈を覆っている細胞の機能を向上させることができます。これらの健康上の利点から、グリル、ブロイル、ポシェット、ピクルス、ローストなど、様々な料理に使用されています。

座りっぱなしの生活習慣、所得水準の上昇、慢性疾患の増加、健康やウェルネスに対する意識の高まりなど、様々な要因により、個人の消費パターンに変化が生じています。日常の食生活では、炭水化物を多く含む食品を排除または削減し、タンパク質を多く含む食品の消費を増やすことに重点を置いています。その結果、パスタ、サラダ、ハンバーガー、タルタルソースなど、普段の食生活の中でサーモンを使用する機会が増えています。また、サーモン缶、冷凍サーモン、スモークサーモン、サーモンジャーキー、サーモンオイル、サーモンロックス、サーマスプレッドなどの付加価値の高い商品も数多く発売されています。さらに、労働人口の増加と個人の多忙さが相まって、すぐに食べられる(RTE)食品や調理しやすい食品の売上が増加しています。これに伴い、冷凍および缶詰のサーモンの便利なパッケージと入手のしやすさが、今後数年間の市場成長を促進すると予想されます。

主要な市場区分

世界のサーモン市場は、タイプ、魚種、最終製品タイプ、流通チャネルに基づいて分類されています。

タイプ別の市場構成

・養殖

・野生の捕獲品

養殖サーモンが市場で圧倒的な優位性を示しています。

魚種別の市場構成

・アトランティックサーモン

・ピンク

・Chum/Dog

・Coho

・Sockeye

・その他

アトランティックサーモンは、タンパク質、ビタミン、オメガ3脂肪酸が豊富に含まれているため、現在最も広く消費されているサーモン種です。

最終製品タイプ別の市場構成

・冷凍

・生鮮

・缶詰

・その他

サーモンを冷凍することで、保存性を高め、細菌の繁殖を抑え、栄養価を保つことができます。そのため、世界各地で冷凍サーモンの需要が高まっています。

流通チャネル別の市場構成

・外食産業

・小売

サーモンは、主にレストラン、ホテル、ファーストフードチェーンなどの外食産業で広く流通しています。

市場の競合状況

世界のサーモン市場における主要な企業としては、Cremaq Group ASA、Leroy Seafood Group ASA、Mowi ASA、SalMar ASAなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]