ランニングギア市場、2026年に583億米ドル規模到達見込み

市場の概要

ランニングギア市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。今後、2026年には市場規模が583億米ドルに達すると予測されています。

ランニングギアとは、個人がランニングやそれに関連した活動を行う際に身につけるアクセサリーやウェアラブルを指します。主に、シューズ、手袋、ジャケット、タイツ、スマートウォッチ、ゴーグルなどのアスレチックウェアラブルが含まれます。このうち、手袋やジャケットなどの製品は、肌への摩擦や雨風の侵入を防ぐために、通常、肌にフィットし、耐水性の素材を使用しています。また、ランニングギアは、保護層となることで、怪我の可能性を減らし、運動中の空気の循環を良くする効果もあります。一方、スマートランニングギアは、消費者が自分のフィットネスの進捗状況を把握することができるため、正式なフィットネストレーニング中のモチベーション維持にも役立ちます。

市場の成長要因

市場成長の主な要因の一つは、運動やフィットネスのメリットに対する意識の高まりにより、健康志向の高い消費者が大幅に増加していることです。ランニングが最も効果的なエクササイズの一つであることが広く受け入れられていることが、快適なランニングギア製品の人気に大きく貢献しています。さらに、可処分所得の増加に伴い、消費者の先端技術への関心が高まっています。また、可処分所得の増加に伴い、消費者の先端技術への関心が高まっており、製品のプレミアム化が進み、ジョギングなどの日常的なフィットネス活動にも急速に取り入れられています。また、メーカーは新しい消費者を獲得するために、ファッショナブルなデザインや高品質な素材をランニングウェアに取り入れています。さらに、マラソン大会の世界的なトレンドの高まりや、メーカーによるソーシャルメディアプラットフォームを利用した積極的なプロモーション活動も、ランニングギア市場の成長に寄与しています。

主要な市場区分

世界のランニングギア市場は、製品、性別、流通チャネル、地域に基づいて分類されています。

製品別の市場構成

・ランニングシューズ

・ランニングアパレル

・ランニングアクセサリー

・フィットネストラッカー

性別による市場構成

・男性

・女性

・ユニセックス

流通チャネル別の市場構成

・専門店・スポーツショップ

・スーパーマーケット・ハイパーマーケット

・百貨店・ディスカウントストア

・オンライン

・その他

地域別の市場構成

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・アジア・パシフィック

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]