レトルトパウチ市場、2021年から2026年の間に8.1%のCAGRで成長見込み

市場の概要

レトルトパウチ市場は、2020年に15億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に市場は8.1%のCAGRで成長すると予想されています。

レトルトパウチは、高温・高圧に耐えられる柔軟なプラスチックと金属箔を多層にラミネートした耐熱性の袋です。軽量のPETフィルムを使用しているため、空気や水分の混入による内容物の劣化を防ぐことができます。レトルトパウチは使い勝手がよく、スペースも限られているため、食品包装業界では金属やガラス容器の代替品として広く使用されています。さらに、スパウト、リリースバルブ、ティアノッチ、エンドクリップ付きスライダークロージャー、リシーラブルジッパー、ハンドルなどの付加機能により、レトルトパウチは世界中の消費者に支持されています。

市場の動向

急速な都市化、可処分所得の増加、多忙なスケジュール、労働人口の食生活の嗜好の変化などにより、牛乳、ヨーグルト、ジュースなどのパッケージ食品やシングルサーブ食品の販売が増加しており、それがレトルトパウチ市場の成長を後押ししています。また、ハイバリア軟包装は、製品の保存性を高め、性能を向上させることができるため、エンドユーザーの間で人気が高まっています。また、レトルトパウチは、見た目の美しさ、カスタマイズ可能なパッケージ、便利なラベリングソリューションを提供するため、ブランド差別化のために好んで使用する企業もあります。さらに、ベンダーは常に設備を改善し、新しい製造方法に多額の投資を行っています。例えば、生産能力を高めるために充填機や成形機を購入しています。

主要な市場区分

世界のレトルトパウチ市場は、製品タイプ、容量、クロージャータイプ、素材タイプ、アプリケーションに基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場構成

市場は製品タイプ別に、スタンドアップパウチ、スパウトパウチ、ジッパーパウチ、ピローパック、3面シールパウチに分類されます。現在、最も好まれている製品タイプはスタンドアップパウチです。

容量別の市場構成

容量別に見ると、市場は低容量、中容量、高容量に分けられます。現在、中容量のレトルトパウチが市場で優位に立っています。

クロージャータイプ別の市場構成

市場は、キャップ付きのレトルトパウチとキャップなしのレトルトパウチに分類されます。現在は、キャップなしのレトルトパウチが市場の大半を占めています。

素材タイプ別の市場構成

素材別では、レトルトパウチの内層に強度と柔軟性を持たせるために使用される食品グレードのキャストポリプロピレンが圧倒的なシェアを占めています。その他、ポリプロピレン、アルミ箔、ポリエステル、ナイロン、板紙などが挙げられます。

アプリケーション別の市場構成

レトルトパウチは、金属缶やガラス缶に代わる、耐久性があり、軽量でコスト効率の高い加工食品の包装材として、食品・飲料業界で広く使用されています。食品・飲料業界に続いて、ヘルスケア業界でも使用されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]