再生プラスチック市場、2026年に565億米ドル規模到達見込み

市場の概要

再生プラスチック市場は、2020年に399億米ドルの価値に達しました。将来的には、2026年に565億米ドルに達すると予想されています。

プラスチックのリサイクルとは、さまざまな種類のプラスチック廃棄物を回収して再利用するプロセスを指します。廃棄物やスクラップは、分別、洗浄、破砕、プラスチックの識別・分類、押出成形などの5つの段階を経て、リサイクルが行われます。プラスチックから製造された製品は通常、生分解性がなく、様々な環境問題を引き起こす可能性があります。そのため、プラスチックをリサイクルすることで、埋立地に廃棄されるゴミの量を減らし、埋立地から排出される温室効果ガスの量を減らすことができます。

市場の推進要因

プラスチック廃棄物の削減と数多くのリサイクルプログラムは、世界の先進国と発展途上国の両方にとって優先事項となっています。このため、各国の政府は、廃棄物の発生を抑制し、プラスチック廃棄物の再利用やリサイクルを促進し、体系的な廃棄物処理を奨励するための政策や規制を実施しています。また、政府は効果的な廃棄物管理を促進するために、埋め立て税、廃棄物処理税、リサイクルクレジット制度、預金払い戻し制度などを実施しています。様々な国や州の政府によるこれらの施策は、再生プラスチック市場の成長をさらに促進すると期待されています。

プラスチック材料の需要は、食品・飲料、自動車、包装、医療などの複数の産業で絶えず増加しています。これらの産業の発展は、人口の増加、可処分所得の増加、継続的な製品の革新に起因すると考えられます。このような背景から、バージン樹脂の製造コストの上昇は、再生プラスチック製品の使用を必要とし、それが世界の再生プラスチック市場の成長を後押ししています。

プラスチックメーカーやリサイクル業者は、現在、再生プラスチック製品に付加価値をつけ、消費者にアピールすることに力を入れています。プラスチックメーカーやリサイクル業者は、二次梱包製品、ランドリーカート、バルクストレージコンテナなどをロート成形法で開発しています。

いくつかのブランドは、再生プラスチック製品の品質性能を高めるために研究開発に投資し、使用するすべてのプラスチック部品にそれらを組み込んでいます。

主要な市場区分

世界の再生プラスチック市場は、プラスチックタイプ、アプリケーション、原材料、地域に基づいて分類されています。

市場の競合状況

世界の再生プラスチック市場において活動している主な企業は以下の通りです。

・アバンギャルド・イノベーティブ

・B. Schoenberg & Co., Inc.

・デルタ・プラスチックス

・ウルトレペットLLC

・CarbonLITE Industries

・ヴェオリア

・Suez Recycling & Recovery Holdings

・KWプラスチックス

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]