雨水貯留市場、2026年までに11億5,300万米ドル規模到達見込み

市場の概要

雨水貯留市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。今後、2026年までに同市場は11億5,300万米ドルの規模に達すると予測されています。

雨水貯留とは、雨水を将来の目的のためにタンクや自然の貯水池に蓄積・貯留するプロセスのことです。貯留された水は、家庭、商業、農業の各分野で、飲料用、長期貯蔵用、地下水涵養用に利用することができます。雨水は、硬度や化学物質がなく、塩分や浮遊物が少ないため、灌漑に適していると考えられています。雨水は、最新の設備と地上または地下に建設された貯蔵施設を利用して採取することができます。さらに、雨水貯留は、水道料金を最小限に抑え、洪水や土壌浸食を軽減し、新鮮な水の代替供給源として役立ちます。

世界人口の継続的な増加に伴い、清潔で飲料可能な水への需要が増加し、天然水資源への圧力が高まっています。その結果、消費者は、地下水の枯渇を抑制するために、雨水貯留の実践にシフトしています。さらに、雨水貯留システムはメンテナンスが最小限で済み、設置も簡単で、タンクのサイズや種類も豊富なため、世界中で好まれる水利用システムとして浮上しています。これに加えて、多くの国の政府が、個人に雨水貯留システムを普及させるための啓蒙活動を行っています。また、各国政府は、雨水貯留システムの導入を促進するために、インセンティブや税制優遇措置を設けています。

主要な市場区分

世界の雨水貯留市場は、収穫方法、エンドユーザー、地域に基づいて分類されています。

収穫方法別の市場構成

・地上

・地下

エンドユーザー別の市場構成

・商業用

・住宅用

・産業用

地域別の市場構成

・北アメリカ

・アジアパシフィック

・ヨーロッパ

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

市場の競合状況

世界の雨水貯留市場における主要な企業としては、Kinspan Group、Watts Water Technologies, Inc.、Graf Group、WISY AG、Innovative Water Solutions LLC、D&D Ecotech Services、Rain Harvesting Supplies, Inc.、Water Field Technologies Pvt.Ltd、Stormsaver、Climate Inc、Water Harvesters、Heritage Tanksなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]