プレハブ建築市場、2021年から2026年にかけて8.5%のCAGRで成長見込み

市場の概要

2015年から2020年にかけて、プレハブ建築市場は緩やかな成長を示しました。プレハブ建築とは、工場で製造された鉄骨で構成された建物のことで、組み立てのために現場に出荷されます。梁や柱を含む鋼板で作られた剛性の高いフレームで、屋根や壁を覆う構造になっており、柱の支持なしで広大な長さに渡ることができます。事前に設計された建物は、倉庫、流通センター、小売店、ショッピングセンター、オフィス複合体、飛行機の格納庫や病院の建設に広範な産業用アプリケーションを持っています。また、ライトゲージメタルのような従来の構造フレームに比べて、より経済的で効率的です。2021年から2026年にかけて、世界のプレハブ建築市場は8.5%のCAGRで成長すると予測されています。

新興国と先進国の両方で急速な工業化が進んでいることに加え、最新のオフサイト建設システムや手法に対する認識が高まっていることが、市場を牽引する主な要因として挙げられます。小売業における電子商取引や物流店舗の普及に伴い、工業用の保管スペースや倉庫の需要も増加しています。これにより、従来の建築物に比べて耐久性に優れた有利な選択肢であることから、プレハブ建築の必要性が高まっています。さらに、プレハブ建築システムは、建築材料のライフサイクルが長く、設計の柔軟性が高く、材料費や人件費の削減につながるなど、性能面で大きなメリットがあります。さらに、グリーンビルディングの出現は、市場の成長をさらに後押ししています。これらのグリーンビルディングは、二酸化炭素排出量の少ない環境に優しいソリューションであり、建設中および建設後のエネルギー消費量が少ないのが特徴です。

主要な市場区分

製品別の市場構成

・コンクリート構造

・鉄骨構造

・土木構造物

・その他

エンドユーザー別の市場構成

・産業分野

・商業分野

・インフラ部門

・住宅分野

地域別の市場構成

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・アジア・パシフィック

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

市場の競合状況

世界のプレハブ建築市場における主要な企業としては、BlueScope Steel、Era Infra、Everest Industries、Interarch Building Products、Jindal Buildsys、Kirby Building Systems、Lloyd Insulations、PEB Steel Buildings、Tiger Steel Engineering、Zamil Steel、Nucorなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]