ジャガイモでんぷん市場、2026年に446万トン規模到達見込み

市場の概要

ジャガイモでんぷん市場は、2020年に390万トンの規模に達しました。2026年には446万トンに達すると予想されています。

ジャガイモでんぷんは、ジャガイモの根の塊から抽出される微粉末で、脂肪やタンパク質をほとんど含みません。中性の味で、結合力が強く、泡立ちが少ないのが特徴です。クイックブレッドやマフィンなどの焼き菓子にふんわりとした食感を与えます。また、血糖値の調整やマグネシウム、カルシウムの吸収を助ける働きもあります。このような多様な特性から、食品、製紙、繊維、製薬などの業界で原料として人気を集めています。

ジャガイモでんぷんは、バインダー、添加剤、増粘剤、安定剤として、ポテトチップス、麺類、ワインガム、カクテルナッツ、ホットドッグソーセージ、ベーカリークリーム、インスタントスープ、ソースなど、食品業界で幅広く使用されています。世界的にコンビニエンス・フードの消費が拡大していることが、市場の成長に寄与している大きな要因のひとつです。さらに、医薬品の賦形剤として利用されたり、繊維産業では様々な種類の布地を仕上げて硬くするために利用されます。また、溶解性や接着性を利用して、製紙業や化学工業にも利用されています。さらに、メーカーは製品の品質を向上させるために、加工時に特殊な酵素や化学物質、有機溶剤を使用するようになりました。また、製品の品質を向上させるために、三相遠心分離が可能なハイドロサイクロンのような優れた分離装置を使用するようになりました。

主要な市場区分

世界のジャガイモでんぷん市場は、カテゴリー、アプリケーション、地域に基づいて分類されています。

カテゴリー別の市場構成

・ネイティブスターチ

・変性でんぷん

・甘味料

ネイティブスターチは最もポピュラーなカテゴリーで、手頃な価格で入手しやすいことから、市場全体の大半を占めています。

アプリケーション別の市場構成

・食品用途

・工業用途

ジャガイモでんぷんは、そのニュートラルな味と高い結合力から、主に食品用途に使用されています。

地域別の市場構成

・ヨーロッパ

・アジア太平洋

・北アメリカ

・ラテンアメリカ

・中近東・アフリカ

現在、ヨーロッパは、地域全体でのコンビニエンス・フードの消費が高いことから、世界市場でトップの地位を占めています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]