ポータブル発電機市場、2021年から2026年の間に6.8%のCAGRで成長見込み

市場の概要

ポータブル発電機市場は、2020年に41億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に市場は6.8%のCAGRで成長すると予想されています。

ポータブル発電機は、ハードウエアを使用しないスタンドアローン型のアプリケーションに一時的にAC電源を供給するために設計されたバックアップ機器です。これらの発電機は、内燃機関、スターター、オルタネーター、燃料タンク、コンセントで構成されており、これらは金属フレームに組み立てられて1つのユニットとなっています。廉価版のポータブル発電機は基本的な家電製品にしか対応していませんが、ハイエンドモデルでは家全体の電力をバックアップすることができます。現在、ポータブル発電機は、費用対効果が高く、簡単に移動できることから、消費者の間で人気が高まっています。

市場の成長要因及び制約要因

ポータブル発電機は、建設現場でペイントスプレー、エアコンプレッサー、ドリル、ノコギリなどの電動工具を作動させ、最小限の燃料消費で最適な出力を得るために使用されます。

都市化が進み、送電網の故障が頻発していることから、消費者は、特に住宅用のポータブル発電機を選択して、電気の供給が途切れないようにしています。

世界各国の政府は、ポータブル発電機が環境に与える悪影響について厳しい規制を設けています。その結果、メーカーは温室効果ガスの排出量が少ない発電機を発売しています。

インバーター、UPSシステム、太陽光発電機、ソーラーエネルギーシステムなどの代替電源バックアップシステムが利用可能になったことは、世界のポータブル発電機市場の成長にとって大きな脅威となっています。なぜなら、これらのシステムは、より環境に優しく、メンテナンスが容易であることが多いからです。

主要な市場区分

世界のポータブル発電機市場は、燃料タイプ、アプリケーション、出力、地域に基づいて分類されています。

燃料タイプ別の市場構成

燃料タイプ別に、市場はポータブルディーゼル発電機、ポータブルガス発電機、その他に分類されます。現在のところ、石油や天然ガスの発電機よりも信頼性が高く、効率的で頑丈なポータブルディーゼル発電機が最も人気があります。

アプリケーション別の市場構成

ポータブル発電機は、停電や悪天候の際に、照明や冷蔵庫、扇風機などの必要な機器を動かすために使用されるため、用途別では住宅分野が最大のセグメントであり、世界シェアの大半を占めています。次いで商業用、インフラ用、工業用と続きます。

出力別の市場構成

ポータブル発電機市場は出力別に、3kW未満、3~10kW、10kW以上に分類されています。これらの中で、3kW未満のカテゴリーが市場を支配しています。これは、これらの発電機がコンパクトで持ち運びが容易なため、一般的にレクリエーション活動やちょっとした工具の電源として使用されているためです。

地域別の市場構成

地域別では、アジア太平洋地域がポータブル発電機の主要市場であり、同地域では適切な電力インフラが整備されていないため、最大の市場シェアを占めています。その他の主な地域は、欧州、北米、中東・アフリカ、ラテンアメリカです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]