ピクルス市場、2021年から2026年にかけて約4%のCAGRで成長見込み

市場の概要

ピクルス市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。ピクルスには、ビタミン、鉄分、カルシウム、カリウムなどの必須栄養素が豊富に含まれており、抗酸化作用があります。ピクルスは、果物や野菜、またはその両方を混ぜ合わせたものを、塩水で嫌気発酵させたり、酢に浸したりして、保存や寿命を延ばすために作られます。酢は、消化促進、必須ミネラルやビタミンの補給、潰瘍の軽減など、さまざまな健康効果があることが知られています。近年、メーカーの積極的なプロモーション活動により、異文化料理の人気が高まっており、それが世界のピクルス需要を牽引しています。

市場の成長要因

近年、非遺伝子組み換えや有機栽培のピクルスが、健康志向の高い消費者の間で人気を集めています。これらの製品は、健康に悪影響を及ぼす可能性のある防腐剤やその他の合成化学物質を使用せずに作られています。さらに、メーカーは消費者の地元の味や好みに合わせて新しいフレーバーを導入しています。また、大手企業は、ピクルスの使いやすさや持ち運びのしやすさを考慮して、便利で費用対効果の高いパッケージを提供しています。これらの包装形態は、ガラス瓶、PET瓶、シングルサーブパック、スタンドアップパウチ、多層共押出しパウチ、ポリプロピレン射出成形容器、ヒートシールや剥離可能な柔軟な蓋など多岐にわたります。今後、予測期間(2021-2026年)において、ピクルス市場は約4%のCAGRで成長すると予想されています。

主要な市場区分

タイプ別の市場構成

・果物

・野菜

・肉類

・その他

現在、最も人気のある製品タイプは果物で、最大の市場シェアを占めています。洋梨、桃、りんご、マンゴー、ぶどう、カシス、オリーブなどの果物がピクルスの原料として使われています。

味別の市場構成

・甘味

・塩味

・酸味

流通チャネル別の市場構成

・スーパーマーケットとハイパーマーケット

・コンビニエンスストア

・個人商店

・オンライン

・その他

これらの中でも、スーパーマーケットやハイパーマーケットは、数多くのブランドの製品を消費者に提供しているため、主要な流通チャネルとなっています。

地域別の市場構成

・北アメリカ

・アジア太平洋地域

・ヨーロッパ

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

地域別では、北米が世界市場でトップの地位を占めています。この地域では、味の差別化と風味の向上のために、ピクルスの消費が増加しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]