ペットフード市場、2021年から2026年の間4.3%のCAGRで成長見込み

市場の概要

ペットフード市場は、2020年に1,080億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に市場は4.3%のCAGRで成長すると予想されています。

長年にわたり、ペットを飼う人の増加に伴い、ペットフードの需要が拡大しています。また、メーカーによる調査・研究により、ペットの栄養に関する知識も増えています。これに伴い、メーカーはペットの嗜好性を確保し、必要な栄養を満たす製品を提供するようになりました。さらに、いくつかのペットフード協会や連盟が、安全で高品質なペットフードを製造するために、メーカーに厳しい法律を導入しています。

市場の動向及び成長要因

ペットフードは、皮膚アレルギーや感染症の対策に役立つだけでなく、ペットの全体的な健康状態や寿命を向上させるため、飼い主はこれらの健康問題に対応するペットフード製品を求める傾向が強くなっています。また、メーカーは、ペットと飼い主の両方に利便性を提供するために、ペットの品種、年齢、サイズに合わせた製品を、より小型で使い捨ての1回分の容器に入れて発売しています。さらに、ペットフードメーカーは、農薬、合成肥料、ホルモン剤、抗生物質を使用せずに栽培された原材料を使用したオーガニックタイプの製品を開発しています。これにより、消費者の自然食品への関心が高まり、企業が提供する商品をさらに多様化できる可能性が高まっています。

主要な市場区分

世界のペットフード市場は、ペットタイプ、製品タイプ、価格タイプ、原材料タイプ、流通チャネル、地域に基づいて分類されています。

ペットタイプ別の市場構成

ペットの種類別に、ペットフード市場はドッグフード、キャットフード、その他に分類されます。現在、ドッグフードが市場を支配しています。これは、世界中で犬を飼う人が増えていることと、ペットの人間化が進んでいることによります。

製品タイプ別の市場構成

製品タイプ別では、ドライペットフードが最も人気のある製品タイプです。次いで、ウェット・缶詰タイプのペットフード、スナック・おやつとなっています。

価格タイプ別の市場構成

また、ペットフード市場は価格別にマス製品とプレミアム製品に分類されます。これらのうち、マス製品が世界売上の大半を占めています。

原材料タイプ別の市場構成

原材料別では、動物由来のペットフードがトップで、次いで植物由来のペットフードとなっています。

流通チャネル別の市場構成

流通チャネル別では、消費者に利便性を提供するスーパーマーケット・ハイパーマーケットが現在最大のシェアを占めています。次いで、専門店、オンラインストア、その他となっています。すべての流通チャネルの中でも、オンラインストアは今後数年間で高い成長が見込まれています。

地域別の市場構成

地域別では、ペットの飼育率が高まっている北米が世界のペットフード市場でトップの座を占めています。その他の主な地域は、アジア太平洋、ヨーロッパ、ラテンアメリカ、中東・アフリカです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]