ペクチン市場、2026年に11万2,621トン規模到達見込み

市場の概要

ペクチン市場は、2020年に8万1,802トンの規模に達しました。今後、2026年には11万2,621トンの市場規模になると予測されています。

ペクチンは、植物由来の水溶性食物繊維で、白色または淡褐色の粉末の形で市販されています。ペクチンは、リンゴ、テンサイ、アプリコット、オレンジ、ニンジンなどの果物や野菜の細胞壁から抽出される多糖類のデンプンです。ジャム、マーマレード、ゼリーなどの粘度を高めるゲル化剤として、また、安定剤としてフルーツジュースやミルクベースの飲料に添加されています。調理時間の短縮、食感や色の改善、製品の保存期間の延長にも役立ちます。また、医薬品の創傷治癒剤や特殊な医療用接着剤の製造にも使用されています。ペクチンを定期的に摂取することで、コレステロール値の低下、胸焼けや糖尿病、胃食道逆流症(GERD)の改善に役立ちます。

市場の成長要因

世界の食品・飲料業界の著しい成長は、市場の見通しを良くする重要な要因の一つです。ペクチンは、消費者の食生活の嗜好や多忙なスケジュールの変化に伴い、すぐに食べられる(RTE)食品やパッケージされた食品、コンビニエンス食品などに広く使用されています。ペクチンは、ゼラチンに比べてベジタブルであり、冷水に溶けやすいという特徴があります。これに伴い、一般消費者の健康志向の高まりが市場の成長を後押ししています。ペクチンは、植物化学物質、葉酸、カリウムを豊富に含み、医薬品や化粧品に広く配合されています。ペースト、軟膏、オイル、クリームなどの構造安定性の向上や、ヘアトニック、ボディローション、シャンプー、コンディショナーなどの増粘剤として使用されています。さらに、天然の安定剤やゲル化剤として高メトキシル(HM)ペクチンの採用が増えていることも、市場の成長を後押ししています。その他の要因としては、消費者の支出能力の向上や、天然素材やクリーンラベル素材への需要の高まりなどが、市場の成長を促進すると予想されます。

主要な市場区分

世界のペクチン市場は、原材料、最終用途、地域に基づいて分類されています。

原材料別の市場構成

・柑橘類の皮

・リンゴの皮

・その他

現在、ペクチンの原料として最も広く使われているのは、柑橘類の皮です。

最終用途別の市場構成

・ジャムと保存食

・飲むヨーグルト、スプーンで食べるヨーグルト

・ベーカリーとコンフェクショナリー

・果実飲料

・その他のミルク飲料

これらのうち、現在、最大の市場シェアを占めているのはジャムと保存食です。

地域別の市場構成

・ヨーロッパ

・アジア

・北アメリカ

・ラテンアメリカ

・その他

地域別では、ヨーロッパが圧倒的なシェアを誇り、市場全体の大半を占めています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]