決済ゲートウェイ市場、2021年から2026年の間に年率7.4%で成長見込み

市場の概要

決済ゲートウェイ市場は、2020年に200億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に市場は年率7.4%で成長すると予測されています。

決済ゲートウェイとは、電子商取引サイトと銀行との間を仲介し、オンライン取引の承認・認証を行うウェブベースのアプリケーションのことです。決済ゲートウェイは、クレジットカード番号や銀行口座情報などの機密情報を暗号化し、顧客から発行銀行へ安全に情報が送信されるようにします。また、決済ゲートウェイは、CVV(Card Verification Value)やAVS(Address Verification System)を提供することで、不正行為の防止にも役立ちます。さらに、決済ゲートウェイは、お客様が長い行列に並ぶことなく、一日中いつでも買い物ができる機能を提供します。

昨今、企業はデジタルアプローチに移行することで、ビジネスや収益戦略を再構築しています。このことは、今後数年間の決済ゲートウェイ市場の成長見通しに拍車をかけるものと思われます。さらに、ユーザーが店頭での支払いを便利に行えるモバイルウォレットの利用が増加していることも、主要なドライバーとして浮上しています。また、スマートフォンやタブレット端末を利用してオンライン予約や決済を行うお客様が増えており、これが決済ゲートウェイの需要を喚起しています。さらに、様々な銀行が小売業者と協力してキャッシュバックサービスを提供することで、新規顧客の獲得と既存ユーザーの維持を図っています。

主要な市場区分

世界の決済ゲートウェイ市場は、アプリケーション別に大企業、零細企業、中堅企業に分類されています。現在、大企業が市場シェアの大半を占めています。

地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、中東・アフリカ、ラテンアメリカに分かれています。中でも、北米は最大の市場であり、世界最大のシェアを占めています。

市場の競合状況

世界の決済ゲートウェイ市場における主要な企業としては、Worldpay Group、Wirecard、Adyen、Allied Wallet、PayPalなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]