パレット市場、2021年から2026年の間に4.8%のCAGRで成長見込み

市場の概要

パレット市場は、2020年に76億個の数量に達しました。今後、2021年から2026年の間に4.8%のCAGRで市場が成長すると予想されています。

パレットとは、商品を支え、フロントローダーやフォークリフトを使ってある場所から別の場所へ運ぶのに役立つ水平なプラットフォームのことです。一般的には、ストレッチラップ、パレットカラー、接着剤などで固定されていますが、商品を積み重ねるための最も一般的な土台の一つです。木材、プラスチック、金属など、用途に応じてさまざまな素材で製造されます。パレットは、プラスチックの包装材やダンボール箱などに比べて強度が高いため、重いものを積んでも壊れることはありません。このような特性から、パレットは世界中の多くのメーカーや商材の出荷者に広く使用されています。

スマートフォンの普及、インターネットの普及、電子商取引の拡大に伴い、物流サービスへの需要が高まっており、これが世界のパレット市場の成長を後押ししています。 また、急速な都市化や工業化に伴い、消費者の所得水準が上昇し、住宅やインフラへの支出が増加していることも、世界的にパレットの需要を押し上げています。さらに、メーカーは研究開発活動に投資し、パレットの製造に技術革新を取り入れています。例えば、1回あたりのコストを削減し、廃棄物をなくし、作業効率を向上させるマルチプル・トリップ・パレットを導入しています。また、プラスチックパレットは、再利用やリサイクルが可能であることから、さまざまな分野で非常に高い人気を得ています。

主要な市場区分

世界のパレット市場は、タイプ、アプリケーション、構造設計、地域に基づいて分類されています。

タイプ別の市場構成

・木材

・プラスチック

・金属

・段ボール

アプリケーション別の市場構成

・食品・飲料

・化学薬品・医薬品

・機械・金属

・建設

・その他

構造設計別の市場構成

・ブロック

・ストリンガー

・その他

地域別の市場構成

・北アメリカ

・アジア太平洋地域

・ヨーロッパ

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

北米は、医薬品や健康補助食品の需要が高まっていることから、市場でトップの地位を占めています。この地域の需要の大部分は、食品・飲料や建設産業が発達している米国とカナダからもたらされています。

輸出入では、ドイツが最大の輸入国であり、ポーランドが最大の輸出国となっています。

市場の競合状況

世界のパレット市場は、価格や品質の面で競合する大小のメーカーが存在するため、細分化されています。市場で活動している主要なプレーヤーは以下の通りです。

・Brambles Ltd.

・Rehrig Pacific Company

・Schoeller Allibert

・LOSCAM

・CABKAグループ

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]