整形外科用ブレース・サポーター市場、2026年に53億米ドル規模到達見込み

市場の概要

整形外科用ブレース・サポーター市場は、2020年に41億米ドルの規模に達しました。今後、2026年には53億米ドルの市場規模に達すると予想されています。

ブレースとサポーターは、怪我の治療中に身体の特定の部分を保持、整列、矯正、支持するために外部から使用する整形外科用機器です。特殊な素材とインテリジェントなデザインを用いて製造され、膝、脊椎、足、足首、肘上、肩、股関節、その他の身体部位を強力にサポートします。また、手術後の関節を保護したり、筋骨格の問題を抱える患者に可動性を提供したりします。

市場の成長要因

侵襲的な治療法と比較して、ブレース・サポーターは痛みが少なく、早期回復を助け、術後の合併症の発生率を低下させます。これらの要因により、整形外科用のブレース・サポーターは世界中の患者に好まれています。

今日、消費者は1日の大半をPCやテレビ、スマートデバイスの前で過ごしており、その結果、大小の筋骨格系の変形や機能障害が発生しています。その結果、ブレース・サポーターの需要が健全な割合で増加しています。

老齢人口は、脊椎炎、変形性関節症、変性椎間板症、その他の運動障害を発症するリスクが比較的高いです。そのため、高齢者人口の増加は、世界各地でのブレース・サポーターの販売にも貢献しています。

メーカーは、消費者の要望を考慮して、シンプルなユーザーインターフェースを備えた柔軟なブレースを開発しています。また、レースの代わりにマジックテープを採用して装着を容易にしたり、ランバーサポートにプーリーシステムを採用してカスタマイズを容易にしたりしています。

技術の進歩により、モデリングや素材技術が大幅に改善され、柔軟性、輪郭、低重量素材の利用が増加しました。また、技術革新により、高度なデータセンサーや同期システムが組み込まれるようになりました。

主要な市場区分

世界の整形外科用ブレース・サポーター市場は、製品、タイプ、用途、エンドユーザー、地域に基づいて分類されています。

製品別の市場構成

製品別では、下肢用ブレース・サポーター、脊椎用ブレース・サポーター、上肢用ブレース・サポーターに分類されています。

タイプ別の市場構成

市場はタイプ別に、軟性・弾性ブレース、ヒンジ式ブレース、硬性・剛性ブレースに分類されています。現在、軟性・弾性ブレースが最も高いシェアを持っています。

用途別の市場構成

市場は用途別に、靭帯損傷、予防的ケア、手術後のリハビリテーション、変形性関節症、その他に分類されています。靭帯損傷が最も高いシェアを占めています。

エンドユーザー別の市場構成

エンドユーザー別では、整形外科医院、病院・外科センター、店頭プラットフォーム、その他に分類されています。現在、整形外科医院が最も高いシェアを占めています。

地域別の市場構成

地域別では、北米、アジア太平洋、欧州、中東・アフリカ、ラテンアメリカに分類されています。中でも、北米は最大の市場であり、市場の大半を占めています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]