有機乳製品市場、2021年から2026年の間に6.8%のCAGRで成長見込み

市場の概要

有機乳製品市場は、2020年に200億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に市場は6.8%のCAGRで成長すると予測されています。

有機乳製品は、有機農法で飼育された家畜から調達されます。従来の乳製品と比較して、これらの製品は防腐剤を含まず、抗酸化物質、ビタミン、オメガ3脂肪酸、共役リノール酸(CLA)が豊富に含まれています。さらに、これらの製品は、新陳代謝を高め、免疫力を強化し、筋肉や関節の痛みを軽減し、がんや心臓病のリスクを最小限に抑えるなど、多くの健康上の利点をもたらします。慢性疾患や生活習慣病の増加に伴い、消費者は合成成分の摂取による影響を意識するようになりました。その結果、世界的に有機乳製品の需要が増加しています。

市場の成長要因

多くの国の政府は、教育キャンペーンを実施したり、技術的および金銭的な支援を行うことで、従来の農家に有機農業を奨励しています。 例えば、インド政府は、National Horticulture Mission(国家園芸ミッション)のもと、自然食品の栽培に奨励金を出しています。同様に、EUでは農家や事業者の公正な競争を保証するために、有機栽培とラベル付けに関する新しいルールを採用しています。これに加えて、有機乳製品の流通とサプライチェーンの改善は、急成長しているオンライン食品小売部門と相まって、世界中で有機乳製品へのアクセスを高めています。さらに、低脂肪でナトリウムや砂糖の含有量を減らした革新的な製品を開発するための技術的進歩が、今後数年間の需要を押し上げると予想されます。

主要な市場区分

世界の有機乳製品市場は、製品タイプ、パッケージタイプ、流通チャネル、地域に基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場構成

・液体ミルク

・ヨーグルト

・チーズ

・バター

・クリーム

・その他

パッケージタイプ別の市場構成

・パウチ

・テトラパック

・瓶

・缶

・その他

テトラパックは、乳製品の栄養価を長く保つことができるため、乳製品の包装に適していると考えられています。

流通チャネル別の市場構成

・スーパーマーケット

・ハイパーマーケット

・ディスカウントストア

・コンビニエンス&グローサリーストア

・オーガニック専門店

・オンライン/E-リテーリング

・直販

・その他

地域別の市場構成

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・アジア太平洋地域

・ラテンアメリカ

・中近東・アフリカ

ヨーロッパでは、有機食品の需要が高まっていることから、市場でトップの地位を占めています。現在の有機食品の供給と新たな需要のバランスをとるために、ヨーロッパの農地の大部分が有機農業のために管理されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]