オーツ麦市場、2026年に2,402万トン規模到達見込み

市場の概要

オーツ麦市場は、2020年に2,213万トンの規模に達しました。今後、2026年には2,402万トンに達すると予想されています。

オーツ麦は、イネ科の植物であるAvena Sativa(アベナ・サティバ)から得られる穀物です。人間はオートミールやロールドオーツの形で摂取しますが、動物飼料の原料としても使用されています。しかし、低コストの代替品が入手できるようになったことや、農業慣行の変化に伴い、飼料用穀物としてのオーツ麦の使用量はここ数年で大幅に減少しています。その一方で、ビタミンE、必須脂肪酸、水溶性食物繊維、抗酸化物質など、さまざまな栄養素が含まれていることから、朝食用シリアルや焼き菓子の材料としてのオーツ麦の消費は増加しています。また、オーツ麦には、脂質低下作用のあるβグルカンや、不健康なコレステロール値を下げて心臓病を予防するだけでなく、ホルモン関連のがんの可能性を低減するリグナンも含まれています。

市場の成長要因

オーツ麦の健康効果に対する認識の高まりにより、グラノーラバー、ミューズリー、オーツビスケット、オートミールなどの健康的な朝食やスナックにオーツ麦が使用されるようになりました。また、高級オートミール製品が手軽に入手できるようになったことで、小売チェーンやオンラインプラットフォームが大幅に拡大していることも市場を牽引しています。さらに、労働人口の急速な増加に伴い、すぐに食べられるオーツ製品の需要が高まっています。これに加えて、メーカーはオーツ麦ベースの飲料やベーカリー製品を市場に投入し、製品ポートフォリオを拡大しています。同様に、ミント、マサラ、オレンジなど、ユニークなフレーバーのオートミールやオートミールベースの製品を発売しています。

主要な市場区分

世界のオーツ麦市場は、製品タイプ、アプリケーション、地域に基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場構成

・フレーク

・小麦粉

・ブラン

・その他

朝食用シリアルとして安定した人気を誇るオーツ麦フレークが最も人気のある製品タイプです。

アプリケーション別の市場構成

・食品用

・飼料用

オーツ麦は、その独特の風味と高い栄養価により、さまざまな食品に幅広く使用されています。オーツ麦を使用した一般的な食品には、お粥、パン、クッキー、乳児用食品、ミューズリーなどがあります。

地域別の市場構成

・ロシア

・カナダ

・オーストラリア

・アメリカ

・チリ

・中国

・ウクライナ

・その他

地理的には、ロシアがオーツ麦の主要生産国であり、世界市場全体の大半を占めています。ロシアでは、温暖な気候の森林地帯でオーツ麦の栽培が行われています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]