低侵襲手術市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見込み

市場の概要

低侵襲手術市場は、2020年に442億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年にかけて市場は緩やかな成長を示すと予想されています。

低侵襲手術とは、小型のツール、カメラ、ライトを用いて、手術中の切り口や切開の大きさや数を制限する手術技術を利用したものです。この手術は、従来の開腹手術と比較して、合併症が少なく、回復が早く、出血が少なく、良好な結果が得られ、入院期間も短くて済むため、本質的に非常に安全な手術です。これらの要因により、これらの手術は世界中の外科医や患者の間で人気を集めています。これらの手術は、主に心臓外科、整形外科、血管外科、神経外科の手術に使用されています。

市場の成長要因

世界的な高齢化社会の到来と、関節炎、癌、心血管疾患の増加により、リスクが少なく、外傷が少ないこれらの手術の需要が高まっています。

現在、これらの手術は、手術を正確にコントロールできるロボット技術を用いて行われています。これにより、これらの手術の成功率が高まり、市場の成長を後押ししています。

また、狭帯域画像処理内視鏡やHDカメラなどの技術的に進歩した製品がメーカーから発売されており、これらの製品は世界の産業界に明るい展望をもたらしています。

これらの手術は、術後の痛みを軽減し、回復も早いため、多くの外科医が自分のクリニックで行っています。そのため、医師が経営する外来手術センター(ASC)の数が増加しており、市場の成長に拍車をかけています。

主要な市場区分

製品タイプ別の市場構成

・外科用機器

・腹腔鏡検査機器

・モニタリング・可視化機器

アプリケーション別の市場構成

・肥満治療

・乳腺外科

・心臓手術

・美容整形外科

・消化器系手術

・婦人科手術

・整形外科・脊椎脊髄外科

・胸部外科

・その他

エンドユーザー別の市場構成

・病院

・クリニック

・その他

地域別の市場構成

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・アジア・パシフィック

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

市場の競合状況

世界の低侵襲手術市場における主要な企業としては、Zimmer Biomet Inc.、Medtronic Inc.、GE Healthcare、Intuitive、Eximis Surgical、Stryker Corporation、Arthrex、B. Braun、Bauer Medical、Check-Cap、Cook Medical、OmniGuide, Inc.、Orthofix Holdings,Inc、Pentax、Philips Healthcare、RF System、Smith & Nephew、TransEnterix、Virtual Portsなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]