ミネラルウール天井タイル市場、2021年から2026年の間に5.2%のCAGRで成長見込み

市場の概要

ミネラルウール天井タイル市場は、2020年に105億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に市場は5.2%のCAGRで成長すると予想されています。

ミネラルウールシーリングタイルとは、ミネラルウール繊維を主原料とした高級室内装飾材です。求められる性能や仕様に応じて、サイズ、厚さ、仕上げ面、密度など、さまざまな種類があります。これらのタイルは、オフィス、学校、病院、小売店などで使用されています。ミネラルウールの天井タイルは、耐火性、遮音性、光反射性、物理的強度、耐久性など多くの性能を備えており、競合製品と比べていくつかの利点があります。ここ数年、ミネラルウール天井タイル市場は力強い成長を遂げており、世界の天井タイル産業の中で最大のセグメントとなっています。

市場の成長要因

ミネラルウール天井タイルは、ホルムアルデヒドなどの有害物質を含まないため、環境や健康への脅威を与えません。また、リサイクル可能で、カビやバクテリアの感染を防ぎ、揮発性有機化合物を排出しません。さらに、廃材ミネラルウールは、このようなタイルを製造するための一次ミネラルウールの代替品としても利用できます。廃繊維を使用することで、バージンウールの生産に伴う環境負荷を軽減し、埋め立て処分を回避することができます。

近年、消費者はスタイリッシュで安価な擬似天井を好むようになっており、それがミネラルウール天井タイルの需要につながっています。擬似天井は美観を向上させ、インテリアに高級感を与え、照明器具の種類を増やします。

可処分所得の増加と生活水準の向上により、消費者は豪華な住宅プロジェクトやその他のインフラ開発を選択するようになりました。これにより、住宅および非住宅分野でのミネラルウール天井タイルの需要がさらに高まりました。

様々な技術の進歩により施工プロセスが簡素化されたことで、メーカーは最終消費者に完璧な配列と最適な仕上げを提供しています。設置システムの例としては、露出型の脱着システム、隠蔽型および半隠蔽型の脱着システム、クリックファスニングシステム、パラレルおよびクロスパングリッド、クリアスパニング、アコースティックバッフルシステムなどがあります。

主要な市場区分

世界のミネラルウール天井タイル市場は、アプリケーションおよび地域に基づいて分類されています。

アプリケーション別の市場構成

ミネラルウール天井タイルは、住宅用と非住宅用の両方で使用されています。その中でも、非住宅分野は市場全体の4分の3を占めており、明らかに優位性を示しています。これは、ミネラルウール天井材の優れた特性に加えて、特に新興国における急速な都市化や工業化などの要因によるものです。

地域別の市場構成

地域別では、北米が市場全体の約半分を占めており、トップの地位を占めています。この地域では、ミネラルウールの天井タイルなど、環境にやさしい建材の需要が高まっていることが、市場の成長に大きく貢献しています。次いで欧州、アジア太平洋地域となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]