ミニチュアボールベアリング市場、2021年から2026年の間に約7%のCAGRで成長見込み

市場の概要

ミニチュアボールベアリング市場は、2020年に16億6,000万米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に市場は約7%のCAGRで成長すると予測されています。

ミニチュアボールベアリングは、インスツルメント・ベアリングとも呼ばれ、軸荷重を支えることで回転摩擦をなくすことができる機械部品です。ミニチュアボールベアリングは、外輪、内輪、シールド、スナップリング、リテーナーなどで構成されています。ミニチュアボールベアリングは、ベアリングの外径が22mm以下のものをいいます。ミニチュアボールベアリングの目的は、回転精度の向上です。ミニチュアボールベアリングは、電気機器、医療機器、自動車など様々な用途に使用されています。

ミニチュアボールベアリングは、自動車のファンモーター、ワイパーモーター、スロットルボディなどの機械部品に使用されています。自動車部品の需要の高まりは、ミニチュアボールベアリングの需要の高まりに直結します。このことがミニチュアボールベアリング市場の成長を促進する主な要因の一つとなっています。また、産業用ロボット市場は、自動車、電子機器、電気機器の分野で顕著な需要があります。さらに、急速な都市化と工業化、消費者の可処分所得の増加もミニチュアボールベアリングの需要を促進する要因となっています。

主要な市場区分

ミニチュアボールベアリングの世界市場は、タイプ、アプリケーション、地域に基づいて分類されています。

タイプ別の市場構成

タイプ別に、ミニチュアボールベアリング市場はオープンミニチュアボールベアリング、ダストカバーミニチュアボールベアリング、その他(フランジ付きアウター、拡張インナー)に分類されています。現在、ダストカバーミニチュアボールベアリングが最大のシェアを占めています。

アプリケーション別の市場構成

アプリケーション別では、自動車が最も大きく、次いで産業用、航空宇宙用、家電用、医療用、ロボット用、その他となっています。

地域別の市場構成

地域別では、アジア太平洋、欧州、北米、中東・アフリカ、ラテンアメリカに分類されています。その中でも、アジア太平洋地域は世界市場の大半を占めるリーディングマーケットです。

市場の競合状況

ミニチュアボールベアリングの世界市場における主要な企業としては、ミネベア・ミツミ株式会社、日本精工株式会社、北日本精機株式会社、CW Bearing Gmbh.、GRW Bearing Gmbhなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]