ミルクチョコレート市場、2026年に184億米ドル規模到達見込み

市場の概要

ミルクチョコレート市場は、2020年に182億米ドルの価値に達しました。今後、2026年には184億米ドルに達すると予想されています。

ミルクチョコレートは、砂糖、チョコレートリカー、コンデンスミルクまたは全粉乳の混合物から作られる最も人気のあるココア製品の一つです。プレーンチョコレートやダークチョコレートに比べて、ミルクチョコレートは溶けやすく、色も薄く、クリーミーな食感が特徴です。ミルクチョコレートは、記憶力を高め、肌を滑らかにし、潤いを与え、心臓発作のリスクを減らし、免疫システムを向上させます。さらに、抗酸化物質の一種であるフラボノイドが豊富に含まれており、血流中のフリーラジカルを除去し、血流を改善します。このような利点に加え、消費者の購買力が高まっていることから、世界中でミルクチョコレートの消費量が増加しています。

市場の動向

近年、メーカーはミルクチョコレートにオレンジ、キャラメル、クッキー、ナッツなどの他の食品を組み合わせることで、新しいバリエーションを発表しています。また、バー、チップ、キューブ、ウエハースなど、さまざまな形やサイズの製品も発売されています。このようなバリエーションがあることで、ミルクチョコレートの消費量は全体的に増加しています。さらに、ミルクチョコレートは、ケーキ、ミルクセーキ、クロワッサン、ホットチョコレートなど、さまざまな飲料や菓子の材料として使用されるようになっており、これが世界のミルクチョコレート市場の成長に貢献しています。しかし、消費者の嗜好が、健康面で優れた効果があるとされるダークチョコレートにシフトしていることが、今後数年間のミルクチョコレートの消費を脅かす可能性があります。

主要な市場区分

世界のミルクチョコレート市場は、流通チャネル及び地域に基づいて分類されています。

流通チャネル別の市場構成

ミルクチョコレート市場は流通チャネル別に分類されており、現在はスーパーマーケットとハイパーマーケットが中心となっています。これらの店舗では、数多くのブランドや種類のミルクチョコレートを一度に消費者に提供しています。スーパーマーケットとハイパーマーケットに続いて、コンビニエンスストア、食料品以外の小売店、その他が続きます。

地域別の市場構成

地域的には、西ヨーロッパがミルクチョコレートの最大の市場であり、市場シェアの大半を占めています。これは、フランスやドイツなどの国でミルクチョコレートの生産量が増加していることに起因しています。西欧に続いて、北米、東欧、アジア、ラテンアメリカ、中東・アフリカ、オーストラリアが続きます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]