マイクログリッド市場、2021年から2026年の間に年率10.1%で成長見込み

市場の概要

マイクログリッド市場は、2020年に242億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に市場は年率10.1%で成長すると予想されています。

マイクログリッドとは、相互に接続された負荷と分散型エネルギー資源で構成され、主要な電力網と並行して、または独立して稼働することができる個別のエネルギーシステムです。一般的に、マイクログリッドは、生産者から消費者に電力を供給する電力網の小型版と考えられています。マイクログリッドは、全体的なコストを削減し、緊急時には送電網をバックアップするのに役立ちます。従来の電力網と比較して、マイクログリッドはより効率的で、太陽光、風力、小水力、地熱、廃棄物発電、熱電併給(CHP)システムなど、さまざまな再生可能エネルギーを組み合わせています。さらに、マイクログリッドは、バッテリー、分散型発電機、ソーラーパネルで駆動することもできます。また、マイクログリッドは、停電時にも継続して稼働するため、信頼性の高い電力供給源となります。

市場の成長要因

マイクログリッドによる途切れない電力供給を確保するために、バッテリーインバーターの性能を向上させるための様々な技術的進歩がなされています。この他にも、より高い電力の入力と出力を長時間維持できるように、改良されたバッテリー技術も開発されています。このような機能や技術がマイクログリッド市場の成長を促進しています。

マイクログリッドの需要が高まっているのは、消費者や開発者が、発電源として再生可能エネルギーを利用することで、環境目標を達成できるからです。これに伴い、各国政府はバイオ発電、太陽光発電、風力発電所の設立に向けた取り組みを行っています。また、米国などでは、二酸化炭素の排出量を削減することを目的としたクリーンパワープラン(CPP)規則などの規制を実施しています。

昨今、ワイヤレスクラウドコンピューティングなどの最新の通信技術への依存度が高まっており、電力システムはサイバー攻撃やハッカーの影響を受けやすくなっています。そのため、軍事施設や研究所などの一部の分野では、24時間体制の安全なネットワークが必要とされています。マイクログリッドは「アイランドモード」で機能し、すべての外部電力やデータ伝送から独立しています。このため、マイクログリッドの需要は世界中で拡大しています。

世界のマイクログリッド市場の成長を支えているもう一つの要因は、送電ロスの少なさです。マイクログリッドは局所的に電力を生成し、長距離送電線への依存度を下げることで、送電ロスを削減します。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]