メタノール市場、2021年から2026年の間に9.8%のCAGRで成長見込み

市場の概要

メタノール市場は、2020年に260億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に9.8%のCAGRで市場が成長すると予想しています。

メタノール(CH3OH)は、一般的に木材用アルコールとして知られており、淡い無色の揮発性液体アルコールで、独特の臭いがあります。最も単純なアルコールであり、メチル基とヒドロキシ基が結合したものです。以前は木材の破壊的な蒸留によって製造されていましたが、現在では一酸化炭素ガスと水素を触媒の存在下で直接結合させることによってメタノールを製造しています。メタノールは、蒸発速度や輻射熱エネルギーが小さいだけでなく、水、アルコール、エーテル、ケトンなどのさまざまな溶媒に混ざりやすいという特徴があります。これらの特性から、一般的な溶剤として、また樹脂、医薬品、香水などの製造に広く使用されています。

市場の成長要因

メタノールは入手が容易で効率が良いため、自動車業界では輸送用燃料や自動車のラジエーターの不凍剤として広く使用されています。また、従来のガソリンに代わる安全な燃料であるジメチルエーテル(DME)やメチルtert-ブチルエーテル(MTBE)の製造にも使用されています。また、バイオディーゼルの必須成分となり、内燃機関に使用されています。この他にも、アルコールはホルムアルデヒド、酢酸、酢酸メチルの製造にも数多く利用されています。これらの化学物質は、接着剤、塗料、合板、溶剤、発泡体、プラスチック、爆発物などの製造に使用されます。さらに、メタノールは生分解しやすく、環境にやさしいため、原油やガソリン、ディーゼルなどの燃料に比べて好まれています。

主要な市場区分

世界のメタノール市場は、アプリケーションと地域に基づいて分類されています。

アプリケーション別の市場構成

・ホルムアルデヒド

・ジメチルエーテル

・ガソリン

・クロロメタン

・MTBE/TAME

・酢酸

・その他

ホルムアルデヒドは、合板、プラスチック、塗料の製造に主に使用されており、最大のアプリケーションセグメントです。さらに、その優れた混合特性から、燃料としても使用されています。

地域別の市場構成

・中国

・アジア太平洋地域(中国を除く)

・ヨーロッパ

・北アメリカ

・ラテンアメリカ

・中近東・アフリカ

地域別では、中国でメタノールとガソリンの混合燃料の需要が高まっていることから、中国が世界市場でトップの地位を占めています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]