中判カメラ市場、2021年から2026年にかけてCAGR 3.5%で成長見込み

市場の概要

中判カメラ市場は、2020年に1億4,170万米ドルの規模に達しました。中判カメラは、従来、120mmフィルムサイズを使用していました。これは、現在のデジタル写真の基礎となっている35mmフィルムサイズよりも大幅に大きいサイズです。また、中判デジタル写真は、35mmフルフレーム規格よりも大きなセンサーを使用しています。その結果、レンズはシャープな画像を提供し、画質に影響を与えることなく、またピクセルを残すことなく、トリミングやズームを行うことができます。中判カメラで撮影した画像は、フルフレームカメラやクロップセンサーカメラで撮影した画像と比較して、より良く見えます。これは主に、同じ長さのレンズを持つデジタル一眼レフカメラと比較して、より広い視野を持っていることによるものです。

市場の動向

中判カメラの利点は、優れた画質だけではありません。中判カメラは、単一のカメラボディではなく、交換可能な部品で構成されています。これにより、古い中判カメラをデジタルカメラに変換することができます。また、中判カメラの多くは、ファインダー、フィルムバック、デジタルバック、フォーカスシステムなど、さまざまなものを使用することができます。また、中判フィルムのサイズが異なるため、フレームサイズやアスペクト比を変えて撮影することができ、写真の多様性を得ることができます。しかし、他のカメラに比べて中判カメラはかさばり、重く、高度なオートフォーカスシステムもありません。さらに、中判カメラの価格が高いことや、手頃な価格でありながら高性能なミラーレスカメラやコンパクトサイズのデジタル一眼レフカメラが普及していることも、中判カメラ市場にとって大きな課題となっています。今後、2021年から2026年にかけて、世界の中判カメラ市場はCAGR 3.5%で成長すると予想されています。

地域別の市場構成

地域別に、世界の中判カメラ市場は、北米、欧州、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東・アフリカに分けられます。現在、中判カメラの最大の市場は北米です。この市場は集中度が高いため、現在は数社のメーカーで構成されており、価格や品質の面で互いに競争しています。

市場の競合状況

中判カメラの世界市場で活動しているトップ企業は以下の通りです。

・ライカカメラ

・富士フイルムホールディングス株式会社

・ハッセルブラッド

・フェーズワン

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]